パタヤでソンテウに乗る時は、リュックを狙ったオカマのスリに気をつけよ

かぶとたいぞうです。

タイにはいろいろな種類のオカマ(ゲイ、ニュー・ハーフ)がいます。いいオカマもいれば悪いオカマもいるのです。





パタヤではオカマの抱きつきスリ、強盗が多発

最近、パタヤでは悪いオカマによる抱きつきスリ、スリ、強盗、置き引きなどが頻発しています。私もやられました。

私はバック・パッカーなので基本的にリュックです。リュックは後ろのジッパーが狙われやすいです。私もそのことは以前から知っており、気をつけていました。

リュック

でも先日ついうっかりリュックを担いだままソンテウに乗り、隣に座っていたオカマにリュックの後ろのポケットを開けられました。

ソンテウでは担いだリュックが必ず狙われる

いつもは、ソンテウに限らず、乗り物に乗った時などは必ずリュックを下ろして膝に乗せたり、自分の前の床に置いたり、あるいは前に担いだりして気をつけていました。

しかし、その日に限って疲れていました。リュックをおろすのが面倒でした。しかも、すぐ降りるからいいや、と思ってしまいました。リュックをかついたまま座席に座っていたのです。気が抜けていました。

途中から飛び乗ってきたオカマが私の隣に座り、故意に体と顔を寄せてきました。私は気持ち悪いと思い、オカマに背を向けました。

後になって思えば、オカマはリュックを担いだままソンテウの座席に座っている私を見つけて「カモだ」と思って飛び乗ったのです。そして私が背を向けるようにわざと体と顔を寄せてきたのです。



リュックのポケットのジッパーは必ず開けられる

オカマはモジモジしながら尚も体を寄せてくるので、避けるのが精一杯でした。

私は途中で不振に思ったので、立ち上がろうとしました。するとオカマはあわてて席を立ち、ソンテウを降りて走って逃げました。ソンテウの運転手にお金も払っていません。

はっと思ってリュックをおろして見ると、ポケットのジッパーが全て開けられていました。

リュックは歩いている時以外、必ずおろすか前に担ぐ

海水浴の帰りだったので、さいわいリュックの中にはバスタオル、日焼け止め、サングラスくらいしか入っておらず、何もとられていませんでしたが、すごくショックでした。

旅慣れていたつもりの自分がごくごく基本的なミスを犯したことがショックだったのです。

まんがいち、お金やパスポートなどが入っていたらたいへんなことになっていました。移動中なら、それらをリュックに入れて歩くこともあり得ない事ではありません。



貴重品はリュックに入れず、ウェストポーチかズボンのポケットに

いらい、貴重品は必ずウェストポーチかズボンのポケットに入れて、リュックはなるべく持たないか、歩いている時以外はかならず面倒くさがらずおろすことにしました。

たとえリュックの中に貴重品を入れていなくとも、チャックを開けられるのは気持ちが悪いですから。

皆さんは私のようなドジは踏まないと思いますが、お気をつけください。

パタヤではオカマに気をつける

普通のスリ以外にも、オカマによる抱きつきスリや抱きつき強盗も増えています。オカマがいきなり抱きついてきてポケットの中のお金や財布を取って逃げるのです。力ずくの強盗や2人組みの犯行も増えていると聞きます。

オカマといってももともと男ですから体力もあるし逃げ足も速いです。パタヤには悪いオカマがけっこういますので気をつけてください。

*オカマが全て悪いわけではありません。いいオカマもいます。筆者はオカマを否定しているわけではありません。

*アイキャッチ画像はマツコ・デラックスさんですが、この記事の内容とマツコ・デラックスさんは何の関係もありません。単に筆者がマツコ・デラックスさんのファンなので使わせて頂きました。マツコ・デラックスさんは悪い人ではありません。もし何か不都合があればご指摘ください。画像を削除させていただきます。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*