パタヤ(ジョムティエンのイミグレーション)での滞在1ヶ月延長ビザ取得体験記2019年

かぶとたいぞうです。

今日はジョムティエンにあるパタヤ(チョンブリー郡)のイミグレーションで、滞在期間1ヶ月延長のビザをとってきました。

昨年の9月にチェンマイでも取ったことがあるので要領は知っていました。そして今回も難なく簡単に取得できました。

【関連性の高い記事】



タイは日本のパスポートではビザなしで1ヶ月しか滞在できません。1ヵ月以上滞在するには延長ビザが必要になります。



滞在1ヶ月延長ビザ申請に必要なもの

用意するものは次の通りです。

  1. パスポート
  2. 写真1枚
  3. 住んでいるところの証明(領収書とホテルカードなど)
  4. パスポートのコピー(イミグレのとなりにコピー屋があります)
  5. 申請用紙(イミグレにあります)
  6. 1900バーツ

ジョムティエンのイミグレはソンテウの通るジョムティエン・ビーチロードから歩いて5分ほど。行きやすいところです。

ジョムティエンのイミグレーション所在地

海を背に小路を5分ほど歩けば、右側にイミグレの看板が見えてきます。写真は反対側から(海側に向けて)撮りました。

チョンブリー郡のイミグレーション

正面には国旗と噴水があります。向かって左側にコピー屋があります。

イミグレーション正面

コピーは3種類×2セットで6枚撮りましたが40バーツも取られました。時間のある方はもっと安いところで取ってきたほうがいいです。

パタヤのイミグレの営業時間

イミグレは朝8:30からやっております。午前中に行ったほうが空いているという情報は事前に得ていました。しかし、昨夜は少し飲みすぎて、今朝は早く起きれませんでした。結局イミグレに着いた時は11時を少し過ぎてました。

急いで申請用紙をもらい、午前中に提出だけでもしようと思ったのですが、午前中の申請受付時間は11時まで。それを過ぎると13時(午後1時)になるまで受け付けてもらえません。

昼休みが2時間もあるのかと思いきや、そうではなさそうです。11時までに出した人の受け取りがその後もずっと続いていました。申請受付が11時までというだけのようです。

11時ギリギリに提出すれば、12時くらいには受け取れるのかもしれません。

イミグレの申請受付時間

*午後は15:30までと書いてあります。

せっかく午前中に着いたのに、これでは午後に来ても良かった感じです。気を取り直して申請用紙にしっかり記入し、2時間近く散歩をしたりしながら時間をつぶしました。近くには喫茶店やセブンイレブン、レストランなどもあり時間はつぶしやすいです。

午前中に行くなら遅くても10:30くらいまでにはイミグレに着かないと間に合わないでしょう。

さて、13:00になりました。申請用紙を出して順番を待ちました。私が午後の1番だと思っていたのですが、フライングで先に申請用紙を提出していた人たちがいたらしく10番目でした。

先の人の様子を見ていると、書類を突き返されている人が結構います。そんなに難しいのかなと思ってそわそわしながら待ちましたが、自分の番になると、あっさり受理されました。きちんと必要事項を書けば何も問題ありません。申請用紙が受理された後は、別な待ち行列に並ぶよう指示されて、そこで再び待ちました。

ここでかなりの時間待たされました。そしてやっと自分の番号が呼ばれ、1900バーツ払って終了。パスポートには30日間延長のスタンプが押されて返されました。



待ち時間2時間

時計を見ると14:30。無駄に待った時間を除くと、約2時間ですね。チェンマイで同じ申請をした時も2時間でした。まったく同じです。

午後から行くなら12:30までに行って、30分以内に申請用紙を書いて、13:00に受付して終わるのは14:30ってところです。

でも午後は激混みでした。午前中に行ったほうがもっと早く終わるのかもしれません。

せっかくジョムティエンビーチに来たので、その後ビーチでのんびりして帰りました。

ジョムティエンビーチでのんびり

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*