リセッション入りをまぬがれたか、1月4日米国株式市場の大反発とパウエル発言の意味

かぶとたいぞうです。

1月3日に思いっきり下げた米国株式市場。このままリセッション入りかとささやかれていましたが、昨夜4日は大反発。ドル/円も108円台に落ち着き、市場は正常化しつつあるように見えます。





12月の米国雇用統計とパウエル議長発言が好感

3日に発表された12月の米国雇用統計の数値が予想より良かったこと、FRBパウエル議長の発言「今後景気が堅調であっても、下振れ要素を考慮して(利上げするかどうかを)慎重に考える」が好感を呼んで、米国株式市場は大きく値を上げました。

ダウ平均もナスダックも3%を超える勢いで、前日のアップル業績予想下方修正による急落を跳ね返しました。

1月3日ダウ平均株価のグラフ

1月4日のダウ平均グラフ

 



1月4日のナスダックのグラフ

1月4日のナスダックのグラフ

 

正常化しつつあるドル/円為替相場

ドル/円為替相場も、雇用統計を好感して上がりましたが、パウエル議長の発言は、(利上げをしない方向にとれる発言であるため、)ドル上げを抑制する作用を生み、ドルの上げ幅は限定的となっています。

一般的には、利上げをすれば、その国の通貨は(利子を求めて)買われるので上がります。逆に株価は下がることが多いのです。いつもそうとは限りませんが、そうなることが多いです。

いっぽう、利上げしないことが分かれば通貨の魅力が減るので通貨が下がり、逆に株価が上がることが多いのです。



パウエル議長コメントの意味・真意とニュアンス

今回のパウエル議長の発言は、微妙なニュアンスですが、要は利上げしないかもしれないという意味だと捉えられ、株価が上がり、ドルの上がりを抑制したのです。

“there is no pre-set path for policy.”

“金融政策には、あらかじめ決められた道は存在しない。”

今までは、2019年以内に何回利上げするか、みたいに言われてきましたが、そのような規定路線は存在しない。インフレが抑制されたと思えば、一回も利上げしないかもしれない、と言っているように聞こえます。

パウエル議長はトランプ米大統領に脅かされて、玉虫色の答弁をしているようにも見えますが、いずれにしても以前よりは柔軟になったと言えましょう。

これが好感して、昨夜の株価に影響したのです。

1019年の米国株価のゆくえはまだ分からない

雇用統計は強い因子ですが、パウエル発言は因子としては弱いので、米国株市場は今後もどうなるか分かりません。

正月のタコのように、あっちへ行ったり、こっちへ行ったりを繰り返すのではないでしょうか。もう少し注視が必要です。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*