【速報】米国で起きている黒人抗議デモは日本で報道されている以上に熾烈かも

かぶとたいぞうです。

誰かが撮影したビデオがネット上で拡散しています。夜間のホワイトハウスになだれ込む民衆。手に持った何かをホワイトハウスに投げつけています。ガラスが割れる音、発砲音、飛び散る火花。黒人に混ざって白人の姿も。奇声を上げる若者たち。

米国の抗議デモ:kabutotai.net



ホワイトハウスを襲撃する民衆のビデオ

出どころのわからないビデオなので、ここには掲載しませんが、合成では無いようです。

本陣に攻め込まれたことを隠すためか、日本の各ニュースサイトを見ると「ホワイトハウス前でデモ隊と警察が小競り合い」としか報道されていません。

ホワイトハウスが襲撃されたことは事実らしい

しかし昨夜かその前日、ワシントンのホワイトハウスは少なくとも一時的にデモ隊に襲撃されたようです。

トランプ大統領と家族は地下壕に隠れたとも報道されています。



全米の抗議デモの発端

事件の発端は警官のひざで首を押さえつけられ黒人男性のジョージ・フロイドさんが死亡したことです。

警察に対する抗議運動が全米で起こっていたことは3日ほど前から報道されていました。それがホワイトハウスにまで押し寄せてきたのです。

米国には今でも白人至上主義があり、黒人と繰り返し対立している

米国には今でも白人至上主義が横行しております。白人の中には「黒人なんて殺してもいい」と思っている人がけっこういるようです。

以前も白人警官に無残に殺された黒人の若者がいました。その時も全米で抗議活動がありました。その前にも似たような事件と抗議デモがあり暴徒化したデモ隊と州兵がぶつかる事件がありました。

米国はキング牧師の時代から似たような対立を何度も繰り返しております。そして時折溜まったマグマが爆発するように巨大な暴力が発生するのです。



コロナ禍が暴動をより大きくしたのかも

今回の抗議活動が全米で広がったこと、激しく暴徒化したことの背景には、少なからず新型コロナ禍が影響していると思います。

コロナで職を失い、金もない、食うものもない、そこへ持ってきてこの事件。低所得者のやり場のない怒りがここに集中して爆発した感もあります。

スーパーなどを略奪する全米の暴徒

暴徒化したデモ隊は商店やスーパーを攻撃して食品などの略奪もしています。

日本ではあまり詳しく報道されていませんが、今回の暴動は今までのものとは規模がだいぶ違うようです。すでに州兵も大規模に出動しています。



米国のデモ活動は注意深く見る必要あり

現在米国で起きている暴徒化したデモ活動は米国内の情勢のみならず、国際問題にも飛び火しかねませんので注意深く見ていく必要がありそうです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*