パタヤで食品を買うならTukcom(ツッコム/トゥッコム)のTops Market

かぶとたいぞうです。

パタヤでちょっとした食品を買うならTukcomの地下にあるTops Marketというスーパーマーケットが一番いいかもしれません。

Tukcomとは家電、スマホやパーツ、コンピューター関連などの電気製品を扱う店舗がいっぱい入ったビルで、ミニ秋葉原って感じです。ツッコムとかトゥッコムとかと呼ばれています。

ウォーキング・ストリートからサウス・パタヤ・ロードを南側(内陸側)に12~13分歩いたところにあります。

ソイ・ブッカオの入り口にある有名な「カオマンガイ屋台」より少し手前です。

この道にはソンテウもありますが、散歩かたがた歩いて行きましょう。

Tukcom(ツッコム/トゥッコム)のTops Marketの地図



Tukcomのビルの地下にTops Marketというスーパーマーケットがあります。チェーン店なのでここ以外にもいろいろなところにあります。チェンマイにも何件かありました。



Tukcom(ツッコム/トゥッコム)には安い電気店がいっぱい

行ったついでにTukcomの中の電気店も一通り見るといいと思います。私は2又コンセントを地下の電気店で買いました。いわゆる100均で買うより安く買えました。

ビルの上の階にはスマホ関連の店、DVDの店、PCを売る店などなど小さな店がたくさん入っています。掘り出し物が見つかるかもしれません。

Tukcomの地下にあるTops Market

パタヤにはTops Market(トップスマーケット)以外にも、ロータスやビッグC、マクロフードサービスなどいろいろなスーパーマーケットがあります。また、地元の比較的安い生鮮市場もあります。

【関連性の高い記事】

それぞれの特徴は

  • Tops Market:安くもないいが高くも無い。品揃えは豊富。安売り商品がある
  • ロータス:全般的に高い、規模が小さく品揃えは良くない
  • ビッグC:なんでも高い
  • マクロ:肉と魚が安いが場所が不便
  • 地元の生鮮市場:安いが慣れていないと買いづらい

ということで、日常的なちょっとした食品を買うならTops Marketが無難です。

ちなみにマクロはパタヤノースロードのバスターミナルの向かい側にあります。肉や魚をたくさん買うならそこまで行きますが、ちょっとしたものを買うのにそこまで行くには遠いです。また、マクロは生鮮以外はそれほど安くありません。



Tops Marketでは「広告の品」を狙う

Tops Marketにはいわゆる「広告の品」、「お買い得品」があります。プライスカードのところに赤いポップがあるのですぐに分かります。

いつもは69バーツで売られている1リットルの100%ジュース類が50バーツ程度で売られていることがあります。

チャンビール(大)が12本(1ダース)売りで、1本あたり50バーツを切る値段で売られていることもあります。

これら安売り商品を狙って買います。

Tops Marketは生鮮以外の一般食品が比較的安い

Tops MarketはビッグCなどと同様、肉、魚、野菜などの生鮮食品が高いです。特に野菜やくだものなどは、近くの八百屋の2倍も3倍もするので、見ていて腹が立つほどです。

いっぽう、食パンなどの非生鮮、一般食品、いわゆるグロサリー関係は比較的安いのです。

セブンイレブンで買うよりTops Marketで買うほうが安いものは次のようなものです。

  • パン類
  • ジュース類
  • ビール
  • ラーメン(10食入りとか)
  • 調味料やスープ類
  • インスタントコーヒー

米は米屋か地元商店で買ったほうが安いです。

卵も安売りの時以外は、地元商店で買ったほうが安いです。

これらは短期の旅行者にはあまり必要が無いと思われます。しかし、長期旅行者や滞在者には必要なものなので、Tops Marketでまとめ買いするといいと思います。

ビール、ジュース類

賢い買い物で快適なパタヤライフを。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*