かぶとたいぞう2019年総括と2020年の展望

かぶとたいぞうです。

2019年も残すところ後2日です。そこで今日は2019年を振り返り、来年2020年を展望してみたいと思います。



 2019年の米国株投資と運用

今年の米国株取引はパッとしませんでした。

2018年末の米国株暴落時には「落ちてくるるナイフ」を果敢につかみに行ったので持ち株残高がけっこう増えました。

【関連性の高い記事】

しかし2019年は米国株式相場が好調で、逆に言えば買い場が無かった年でした。

アッヴィとジョンソン•エンド▪ジョンソンは買えた

そんな中でも個別の原因で急落したアッヴィやジョンソン▪エンド▪ジョンソンなどを安い時にタイミングよく買うことができました。しかし当初予定していたほどの購入規模にはなりませんでした。

【関連性の高い記事】

自分の購入基準にのっとって行動した結果なので仕方ないと思います。



現金は残り、資産総額も増えた

そのぶん今後もし米国株が暴落するようなことがあれば果敢に買うための資金が残っています。

私はバイ&ホールド型の長期投資家なので関係ありませんが、2019年は株数はそれほど増えなくても株価が上がったので保有株式の評価額が上がったぶん資産総額は増えました。

2020年の米国株投資方針と展望

私は自分の購入基準に照らして安いと思ったら買います。一度買ったら死ぬまで持ち続けます。この方針は一生変わりません。

ですから2020の購入行動は株価次第です。



株というものはみんなが上がると予想するときに下がる

私は予想家ではないので株価予想はしません。しかし相場というものは往々にして多くの人が予想する方向とは逆に行くことが多いことを経験的に知っています。

いまの米国株は連日史上最高値をつけて有頂天になっています。つい最近まで逆イールドがどうだとか、米中貿易戦争がどうだとか言っていた人たちが手のひらを返して米国株は上がり続けると言い出しました。こんな時がいちばん危ないのです。

危ないと言っても私にとっては絶好の買い場なので大歓迎ですけど。

グレアムの教えにしたがって初心を忘れず基本を守る

私の株式購入基準はすべてベンジャミン▪グレアムの教えに基づいております。グレアムはウォーレン▪バフェットの師匠でもある人です。

この本は賢明なる投資家を目指すすべての人が読むべき本です。私も何回も読み米国株長期投資の心得を会得しました。



2019年のタイ移住計画進捗

タイ移住に関しては、2019年は大いなる飛躍がありました。

2018年まではタイのビザ延長が許される2ヶ月以内の中期間滞在を繰り返し、タイでの生活を模索していました。

【関連性の高い記事】

今年はリタイアメントビザ取得に成功

しかし今年の2019年は一気にリタイアメントビザを取得して現在は来年の4月までパタヤに長期滞在する予定です。

リタイアメントビザの最初の3ヶ月ビザは既に発給済みで、来年の1月末に再度イミグレーションに申請して1年もののリタイアメントビザを取得する予定です。

【関連性の高い記事】



パタヤの生活にも慣れた

タイでの生活にも慣れ、パタヤでは地元の友人もたくさんできました。夜の街で散財することもなく健康で健全な生活をおくることができています。

毎日朝起きてコーヒーを飲んでブログを書き、朝食を作って食べる。食後は少しストレッチ運動をしてその後パタヤビーチを7km歩く。ビーチのベンチに腰かけて小説の原稿を書く(実は小説を書き始めました)。夕方は広いバルコニーでのんびりしたり、近くの安い食堂でビールを飲む。そこでパタヤでできた仲間と語らう。そんな毎日が楽しいです。

パタヤでは日本人と付き合っていない

パタヤでは日本人とは付き合っていません。たぶん他の日本人と私とでは生活様式がまったく違うので付き合ってもお互いに疲れるだけです。

私はゴルフをしませんしマッサージにも行きませんし日本食レストランにも行きませんし女性のいる店では決して飲みません。

「私は他の人とは違うのだ」と言いたいわけではありません。格好をつけているわけではありません。ただ単にお金がもったいないだけです。

たまに日本から来る人と付き合うとお金がかかってしょうがありません。



タイの友人、タイに住むファランの友人はできた

せっかくタイに来たのだからタイの人とは仲良くしています。地元のファラン(欧米人の移住者)とも仲良くなりました。

毎日タイ語と英語が混ざった不思議な言葉で会話をしています。おかげでタイ語を少し覚え、英語も進歩したように思います。

タイ移住計画の2020年と今後の展望

2020年は4月までパタヤに住み、夏の間は札幌の自宅に住みます。来年は9月中旬くらいまでにまたパタヤに戻ってくる予定です。そしてまた翌年4月までパタヤに住みます。

当面は冬はパタヤ、夏は札幌という生活を繰り返す予定です。

タイでの生活の場としてチェンマイも一時考えましたが、やはりパタヤがいいです。海もあるし歩きやすいし。夜の街やタイ女性の誘惑に負けない精神力なり自己制御力のある人ならパタヤは老後の移住先として有望です。



パタヤを拠点にして他国にも

今はまだ年金受給前なので節制生活を基本にします。数年後年金を貰えるようになったら少しずつ生活レベルを上げることができます。しかし一度上げてしまった生活レベルはなかなかもとには戻せません。そこで、日々の生活スタンスは変えないで何か特別なことにお金を使います。例えばパタヤを拠点にして他国に旅行に行くとか。

【関連性の高い記事】

特にイタリアのシチリア島はワインと生ハムが安くて美味しいので長期で行きたい場所です。数ヵ月単位で住んでみたいくらいです。

日々のくだらない支出を抑えて、どうせならそういう種類の贅沢をしたいです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

【かぶとたいぞう有料ノート】

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*