頭は使えば使うほど進化する:怒りっぽい頑固ジジイにならないために

かぶとたいぞうです。

頭は使えば使うほど進化すると言う話を聞いたことがあります。人間の臓器の中でもっとも早くだめになるのは歯だそうで、せいぜい50年ももでば長持ちらしいのです。いっぽう、頭脳は使えば使うほど進化し、150歳ぐらいまでは平気で使えるのだそうです。



本当かどうかは分かりませんが、人生100年時代とか何とかとも言われて います。頭を鍛えようではありませんか。



前頭葉は知的活動をつかさどる

特に重要なのは前頭葉です。

前頭葉の位置

前頭葉は知的活動を司ります。前頭葉が退化していくと、創造性、自発性、柔軟性が乏しくなります。すなわち、チャレンジ精神が無くなり、頑固になるのです。年寄りが新しいものを拒み、怒りっぽくなり、頑固になるのは前頭葉が退化していくからです。

どうすれば前頭葉が退化せずにむしろ進化するのか。仕事を続ければいいのか。

いいえ。よほど創造的、クリエイティブな仕事でないかぎり、仕事を続けていても前頭葉は進化しません。特に標準化マニュアル化されたような仕事、パターン化された仕事はむしろ逆効果です。

慣れた仕事、考えなくてもいい仕事、危険や緊張が伴わない仕事をいくら続けても前頭葉に刺激を与えることはありません。

前頭葉を鍛えて進化させるには刺激が必要

どうすればいいのか。

例えて言えば、小学生のころ、中学生の頃に体験したものと似たような体験が必要です。すなわち、初めての体験、ワクワク・ドキドキ感、緊張感、強い興味と好奇心、驚き。

そのような感覚を伴う体験をするには環境を大きく変えなければなりません。

海外に出て、誰の助けも借りずに生活するとかの体験がいいでしょう。



安心安全思考は脳を退化させる

公務員を長くやった人は痴ほう症になる確率が高いと言います。安心安全ばかり追求すると、緊張感が無く、創造力を失います。

前頭葉を鍛えて、いつまでも若々しく、創造性、自主性、柔軟性のある思考ができるようにするには、冒険が必要なのです。

日本人ももっと冒険した方がいい

ここタイにはいろいろな国からリタイヤ老人が来て住み着いています。

昨日仲良くなったのはオーストラリアとフランスから着た初老紳士でした。その前はイギリスからの老人。米国、イタリア、アイルランド、オランダ。いろいろな国からタイに集まっています。

日本人はあまりいません。

世界一の長寿国日本。長寿だけでなく、前頭葉を鍛えて、柔軟で若々しい思考ができるようにならなければ、新しいものを拒むだけの、ただの怒りっぽい頑固ジジイだらけの国になってしまいそうです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*