タイに行ったら必ず食べる!おすすめ屋台料理サイコー

かぶとたいぞうです。

タイには屋台がたくさんあります。日本のような、がんじがらめの規制がないので、タイの路上は屋台だらけです。みんな自由に商売をしています。




タイの屋台

タイの庶民は主に屋台で食べ物を買っています。屋台はだいたいいつも同じ場所に出たり、同じルートを移動するので、なじみ客を持っているのです。

タイ人が住んでいる地域の、ちょっとした路地裏を歩くと、地元の人たちの支持で成り立っている、いい屋台がたくさん見つかります。案外、レストランや食堂より安くて美味しいのです。

屋台の衛生面を気にする人がいますが、客の多い屋台なら心配ありません。日本のお祭りの屋台よりは清潔です。

と言うことで、今日はレストランや食堂ではなかなか食べられない、屋台ならではの最高の絶品料理を1品だけご紹介します。

その名もサイコー

いきなりシャレのような話ですが、「サイコー」という名前の最高の食べ物があります。

焼き鳥のような、ソーセージのようなものです。焼き鳥屋台にあることが多いですが、サイコーだけを焼いている専門屋台もあります。

豚肉のミンチともち米を、豚の腸にびっしり詰めます。それを炭火でじっくりと時間をかけて焼き上げたものです。

少し酸っぱい味がして、少し辛くて、ぱりっとした表面の歯ごたえと、中のよく焼けたもち米のねちっとした食感、炭火焼きの香ばしさ、たまりません。本当にに最高です。

サイコー1

写真はクシを外して皿に盛り付けたものです。屋台ではたいてい1本の串に2つの塊がついていて、1本10パーツくらいです。観光地だと20バーツくらいします。

ローカルエリアでは写真のような野菜をサービスで付けてくれる屋台が多いです。



サイコーはイサーンの名物料理

もともとはイサーン(タイ東北部)の名物料理のようですが、今ではどこでも人気です。

サイコー2

地域や屋台によって形や大きさが違いますが、豚の腸詰めにもち米が入っている点はどこでも共通です。

レストランや食堂でもやっているところがありますが、こればっかりは屋台の炭火で焼きたてが一番美味しいです。安いですし。

それらしい屋台を見つけたら、指を指して「サイコー?」(最高?)と聞いてみて下さい。

ビールのお供にも最高です。

絶対おすすめなので、まだ食べてない人は、ぜひいちど食べてみて下さい。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*