現金、クレジット、デビット、円をタイバーツに換金する1番の方法

こんにちわ。かぶとたいぞうです。

日本円の現金をタイバーツに換金する方法はいろいろあります。

  • 日本円の現金をタイに持って行き、タイ現地の両替所でタイバーツに換金する
  • 日本円を日本国内(空港など)でタイバーツに換金して、タイに持っていく
  • VISAと提携したクレジットカードを持って行き、タイ現地のVISAのATMでキャッシングする
  • VISAと提携した国際デビットカードを持って行き、タイ現地のVISAのATMで自分の口座からおろす
  • その他の方法

今日は、どの換金方法が一番効率がいいかを検証します。





日本円の現金をタイに持って行き、タイ現地の両替所でタイバーツに換金する

結論から言えば、小額の場合はこの方法が一番効率がいいです。

タイには両替所がたくさんあります。特に、バンコクやパタヤの市街地には100メートルも歩かないうちに数件の両替所を見つける事ができます。

タイでは、両替所は競争が激しく、円、タイバーツの両替手数料がわずか0.78%程度(平均)。欧米の両替所や銀行の両替手数料に比べると、とても安いです。

1万円換金して、78円の手数料です。

【関連性の高い記事】

 

日本円を日本国内(空港など)でタイバーツに換金して、タイに持っていく

一番効率の悪い方法です。日本にはタイバーツを扱う金融機関が少なく、そのぶん手数料が高いです。日本の空港にも両替所がありますが、タイバーツの場合は手数料が10%以上とられます。10%としても、

1万円換金して、1000円の手数料です。



VISAと提携したクレジットカードを持って行き、タイ現地のVISAのATMでキャッシングする

この方法もかなり効率が悪いです。

クレジットカードでATMからキャッシングすると、次の3つの手数料がかかります。

  1. 両替レートが市場レートより1~2%上乗せされる。
  2. ATM利用手数料が200バーツ程度とられる。
  3. キャッシングの金利がとられる

3つの手数料を合計すると、カード会社によっても異なりますが、両替所より2~6%多くの手数料が取られることになります。合計4%としても、

1万円換金して、400円の手数料です。

Masterカードでも同じようなものだと思います。

ちなみにタイではVISAが一番普及しており、次がMasterです。中国の銀聯も多いです。それ以外はあまり見ません。



VISAと提携した国際デビットカードを持って行き、タイ現地のVISAのATMで自分の口座からおろす

これは良い方法だと思いましたが、実際にやってみると、恐ろしく手数料のかかる方法でした。

私が持っているSBIネット銀行発行の、VISA付きデビッドカード(キャッシュカード)の例です。

タイのATMから自分のデビットカードを使ってお金をおろすと、次の2つの手数料がかかります。

  1. どのATMでも、おろす金額に関わらず、一律220バーツの手数料がとられる。ATMから一度におろせる最高額が2万バーツなので、一番安くても1.1%の手数料となる。
  2. VISAが相場の為替レートに2~3%上乗せした独自のレートで換算して換金する。

実際に2万バーツをATMから引き出し、日本円でいくら引き出されたのかを確かめたら、71529円でした。

その日の為替レートで逆算すると、4.68%の手数料でした。

自分の口座から自分のお金を引き出したのに、4.68%もとられるのです。

1万円換金するともっと手数料がとられますが、単純に計算して、

1万円につき、468円の手数料となります。

 

さて、ここまでまとめると手数料の金額は次のようになります。

日本円を現地で両替  1万円に付き、78円

日本円を日本で両替  1万円に付き、1000円

キャッシュカードでキャッシング 1万円に付き、400円

自分のデビットカードでおろす  1万円に付き、468円
(ただし、7万円以上おろした場合)

一目瞭然ですね。



その他の方法

タイの銀行に口座を作っておき、日本から送金する方法もあります。

長期滞在者で多額の送金をする場合は、この方法がもっとも安全で、しかも換金手数料も割安になる可能性があります。

【関連性の高い記事】

結論

旅行程度なら、日本円の現金を持って行き、現地で少しずつ両替するのが一番いいようです。必ず、部屋、またはフロントにセイフティーボックスのあるホテル、サービスアパートメントを選びましょう。

長期滞在なら、為替レートの良い時期を見計らって、タイの自分の銀行口座に送金するのが良さそうです。

楽しいタイ旅行を。
ごきげんよう。


【関連性の高い記事】

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*