株の売買で成功する方法と長期保有

かぶとたいぞうです。
今日は株の話です。

株の売買で儲けるのでしたら、株が安いときに買い、高くなったら売ることです。



株をよく知らない投資家は上がったら買い、下がったら売る

ところが、株に手を出す多くの人は逆をやってしまいます。つまり、株が上がっている時に「まだ上がるかもしれない」と思って買い、下がりだしたら「失敗だった」と後悔して売ります。

それでは儲かるわけがありません。

私の株式投資のスタンスは長期保有ですから、売ることはめったにありません。

保有している株が下がり続けたら売りたくなる

でも、自分の持っている株があまりにも下がり続けたら、私でも、つい売ってしまいたくなることがあります。

株は上がったり下がったりするものですから、なにも下がっているときに売る必要はないのですが、下がり続けることに腹を立てて、一刻も早くその株と縁を切りたくなるのです。

私にとってみれば、今年の2月に買った「日本たばこ」がまさにそれです。衝動買いで400株買ってしまいました。



保有株を持ち続けるには胆力が必要

腹を立てずに気長に待ちます。いまだに日本政府が3分の1以上を保有している株ですから、つぶれることはないでしょう。

配当が出たら少しは気分が変わるかもしれません。

ごきげんよう。

【関連性の高い記事】

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*