【米国株】きのう大晦日の値動き、2019年の株価・ドル相場のゆくえ

あけましておめでとうございます。

かぶとたいぞうです。今年もよろしくお願いします。

昨夜2018年12月31日大晦日は、刻々と変わる株価を見ながら新しい年を迎えました。





2018年12月31日の米国株値動き(ダウ平均)

2018年12月31日の米国株値動き

昨年最後の米国株式市場は、薄商いのなか、上がったり下がったり、まったく方向感のないまま進み、結局ダウ平均は前日比1%ちょっと上がって無事に終了しました。

しかし、通期で見ると、2018年は2008年以来の下落率を記録する、大波乱の1年でした。

特に新興株市場やIT関連、ハイテク株が集まるナスダックはピークから20%を超える下落率となり、弱気相場入りしました。

外国為替市場ドル/円相場

ドル/円為替相場グラフ

いっぽう、年末のドルは連日下がり、久しぶりに109円台に突入しました。

このままドルが下がってくれれば、米国株を買うには歓迎な環境になります。



2019年の世界経済と米国株、ドル/円相場

米中貿易戦争のゆくえ、米国の金利調整、英国のEU離脱、中東情勢など、2019年の株価に影響を与える不確定要素がたくさんあります。まったく予測はできません。

トランプ氏が大統領就任3年目を迎える2019年は、順調無事に米国株が上がるとするむきもあれば、ナスダックが一瞬と言えども弱気相場入りしたので、このまま一気に下がると見る人もいます。そのどちらに向かっても不思議ではありません。

また、日本円で米国株を買う私たちにとっては、ドル/円の値動きも気になります。

結局基軸通貨であるドルは強いので、どんどん上がっていくという人がいます。いっぽう、日本はこのまま超低金利を続けることはできないので、いずれ外圧により金利を上げ、円高(ドル安)に向かうとする人もいます。

世界経済がますます不安になり、安全資産である円が逃避先になると言う人がいます。いっぽう、もう円は安全資産ではないという人もいます。

いろいろな人が間逆のことを言うので、いったいどれが正しいのか分かりません。

本当は将来のことは誰にも分からないのです。みんな適当なことを言っているのです。

分からないいじょう、毎日注意深く観察するしかありません。

私は今年も米国株価・ドルの動きに注視し、下がれば買い足します。ただそれだけです。

ことしもよろしくお願いします。

ごきげんよう。

鏡餅

【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*