パタヤビーチロードの下水管工事が終わって道路もスッキリ

かぶとたいぞうです。

パタヤビーチで長く続いていた下水管工事がようやくほぼ完了し、ビーチロードがスッキリしました。

12月23日夜に追記)

下水管工事が終わったというのは誤報でした。今日もいつものようにビーチロードを歩いてみると、埋めれれていたはずの道端が再び掘る起こされて大規模に工事を再開していました。土日に工事を休んだため一時的に埋めただけなのかもしれません。

いったいいつまで続くのでしょう。

12月24日に再度追記)

その後調べましたところ、パタヤ市は2月13日に工事を完了すると発表したそうです。



下水管工事が終わったパタヤビーチロード

パタヤビーチの下水道工事kabutotai.net

ちなみに下水工事中のビーチロードはこんな感じでした。

パタヤビーチの下水工事

【関連性の高い記事】

 

遅々として進まなかったビーチロードの下水工事

健康のため、私はほとんど毎日パタヤビーチを端から端まで歩いています。

だからパタヤビーチの下水管工事の進捗は毎日見ていたのですが、毎日見ているとこの2ヶ月間、遅々として進んでいないように見えました。それが、3日ほど前に地下に大きな土管が入ったと思うと、たちまち仕上がり、昨日は上の写真のようになっていました。

進んでないように見えても着実に工事は進んでいたのですね。

まだ一番南のウォーキングストリート入り口付近の一部だけは工事中ですが、それ以外はすべて終了しています。



見た目も良いし歩きやすくなったパタヤビーチロード

工事が完了したおかげで見た目が良くなっただけではなく、歩きやすくなりました。毎日パタヤビーチを歩く私にはありがたい話です。

そういえば、ビーチロードの一部ですが、セントラルフェスティバルあたりから北側の歩道に電光装飾が施設されました。ホワイトイルミネーションのように夜になったら光るのでしょうか。

タイの人達はクリスマスとは無縁

タイの人はクリスマスとは無縁らしく、私が住んでるサウスパタヤのローカルエリアでは今日12月23日になってもクリスマスの雰囲気はどこにもありません。地元の友人に聞いても、クリスマスには何もやらないとのこと。「あれは欧米人のやること」ときっぱり。

クリスマスでもハロウィンでもお正月でも何でも祝う我々日本人とはスタンスが違うようです。その代わりタイの人達はソンクラン(4月の水掛祭り)には大騒ぎします。



ビーチロード付近だけがクリスマス

で、タイの人達にはクリスマスは無関係のようですが、ビーチロードは欧米人や日本人を含む観光客が多いのでクリスマスのデコレーションが目立つのです。そう言えば昨日は歩いていてビーチロードのいろいろなところからクリスマスソングが聞こえていました。

ここパタヤではビーチロード付近だけがクリスマスです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*