【パタヤ生活】3〜4年履いたサンダルがついに壊れたので買いに行こう

かぶとたいぞうです。

パタヤで3〜4年ほど前に買ったサンダルがとうとう壊れました。



3〜4年前にパタヤで買ったサンダル

パタヤで買ってそのまま札幌に履いて帰り、札幌でもずっと履いていたのでもう寿命でしょう。

昨年、底のゴムが剥がれてきたのでソイブッカオのブッカオ市場前にある修理屋さんに50バーツ払って直してもらいました。強力なボンドで底を貼ってもらったのです。

底がペロリと剥がれたサンダル

でも今回は底のゴムがかなりすり減り、底がペロリと剥がれてしまったので諦めました。

パタヤでサンダル:kabutotai.net



ブッカオ市場を見たが高い

新しいサンダルを買おうと思ってブッカオ市場内にあるサンダル屋に行きました。しかしどれも高くて買う気になりませんでした。

私が履いていたのと全く同じサンダルが500バーツで売られていました。確か3〜4年前に300バーツで買ったはずです。

ブッカオ市場は野菜は安いが

ブッカオ市場(タイ人はブッカオマーケットと呼んでいますが、日本人のブログなどでは火曜金曜市と呼んでいる人が多いです)は野菜や果物は安いですが、服などはむしろ高く、靴も高い気がします。



ミスターDIYで43バーツのサンダル

ミスターDIYという日本の100円ショップに近い店にビーチサンダルが43バーツ(140円)で売られていたのでそれで我慢しました。

しかし、そのビーチサンダルを履いて歩いていたら足の親指と人差し指の間が痛くなり、やっぱりまともなサンダルが欲しくなりました。

パタヤでサンダルが安く買える店は

パタヤではどこに行ったらサンダルが安く買えるのだろうと、試しに「パタヤ サンダル」でネット検索してみました。

出てくるのは高級ブランド品のサンダルばかりで、さすが日本人はブランド志向だなと思いました。



私にとって500バーツのサンダルは高い

あるいは500バーツくらいのサンダルを安いと言って紹介しているブログもありました。

おすすめの安いサンダル問屋の記事があったのでよく読んだら、何とブッカオ市場のことでした。

もう既に私のほうがパタヤに詳しいようです。

だんだんケチになってきたのかも

と言うかパタヤに住んでいるうちにケチになったのかも知れません。以前だったら300バーツであろうが500バーツであろうが、それ程変わらないと思っていました。

でも今はその200バーツ(700円)の差が大事なのです。200バーツは私にとって1日分の食費です。もちろん酒込みです。



パタヤでは同じものが店によって違う値段で売られている

パタヤにはあらゆるところにサンダルが売られています。値段はまちまちです。良いものが高いというだけではありません。全く同じメーカーの全く同じサンダルが店によって全く違う値段で売られているのです。

どちらかと言うと海に近いほど高いです。観光客が行くところほど高いです。

サードロードに近いFairrit​ Shopping​ Plazaは閉まったまま

以前はパタヤタイ(サウスパタヤロード)とサードロードの交差点付近にあるディスカウントショップ「Fairrit​ Shopping​ Plaza」が比較的安かったのですが、今は閉まっています。コロナの影響かもしれません。



どこに行ったらサンダルが安く買えるのか

どなたかサンダルが安く売っているところを知っていたら教えて欲しいです。

●●ダース軍曹さんが詳しそうな気がします。よくGoogleMapsに店のコメントしている人です。店選びがかなり玄人好みです。

もしこのブログを読んでいましたらメールをお待ちしています。

いいサンダルが安く買えたら後日このブログでお伝えします。

パタヤではサンダルは必需品。サンダルが安く買える店の情報は需要があるはずです。

ごきげんよう。

+++

5月28日追記)昨日、散歩していて偶然いいサンダルを見つけたので買いました。

パタヤで買ったサンダル:kabutotai.net

前に履いていたのもこれと同じ「kito」というタイのメーカーでした。前に履いていたものは後ろにバックルが付いていましたが今回はバックル無しにしてみました。

セカンドロードソイ13あたり、アベニュー側の路面店の店頭に山積みされていて300バーツでした。

ちなみにバックル付きは400バーツで、ブッカオ市場で見た500バーツのと同じものでした。



【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*