タイのリタイアメントビザ事情2018年

最新情報を別記事にまとめました。

パタヤでついに取得!タイのリタイアメントビザ、実体験による最新情報2020年

 

◆◆2019年11月、パタヤのイミグレにてリタイアメントビザの申請が受理されました。

こちらから最新記事が読めます。

【最新】タイのリタイアメントビザ申請、成功裏に受理。健康保険加入義務付け無し

・・・

ここから本文

こんにちわ。かぶとたいぞうです。

タイ王国には、50歳以上の人向けのリタイアメントビザ(1年)というものがあります。

ロングステイビザとか、ノンイミグラントOビザとも呼ばれます。

普通のビザなし入国では1ヶ月しかタイに滞在できませんが、リタイアメントビザを取得すれば1年間タイにいれるので、タイでリタイアメント生活を志す人はたいてい取得します。

私もリタイアメントビザ取得の準備をしています。

以下に、いままでいろいろなサイトやブログで調べた、リタイアメントビザの申請・取得方法をまとめます。自分向けの備忘録としても残しておきたいのです。



タイのリタイヤメントビザ発行条件

条件は、50才以上であることと、80万バーツの預金がタイの銀行に直近3カ月以上あること、あるいは1年間でもらう年金額が80万バーツ以上あることです。

【最新関連記事:投稿2019年1月17日】

リタイヤメントビザのタイ国内の申請では、最初は3カ月のスタンプが押され、その後、1年更新となります。そのあとは1年更新を繰り返します。

リタイアメントビザの発行条件が大きく変わったとの怪情報もありましたが、実際には変わってないようです。

なお、日本でもタイのリタイアメントビザを取得することが可能ですが、準備する書類が多く、申請も恐ろしく難しいので、タイでの取得をおすすめします。



タイでのリタイヤメントビザ取得の段取り

私の場合、年額80万バーツ以上の年金をもらうにはまだ早いですし、月額20万円以上はもらえないかもしれないので、預金80万バーツのほうでいきます。

段取りは次の通りです。

  1. タイの銀行に口座を作る(私の場合は既に持っている)。
  2. 日本から、タイの銀行口座に80万バーツを送金し、送付書をとっておく。
  3. 3ヶ月以上経過させる。
  4. ビザなし(期限30日)で普通にタイに入国する。
  5. 滞在期限が15日以上残った状態でイミグレーションに行く。
  6. 次のものを用意しておく:パスポート、写真1枚(4×6cm)、タイの銀行の預金通帳、日本から80万バーツを送った送付書、出入国カード片方のTM.6。申請書TM.87(タイのリタイヤメントビザ申請書ダウンロード)。
  7. イミグレーションに行く直前に(イミグレーションの建物の地下にある銀行支店で)、タイの銀行の残高証明を100バーツでとる(certification of balance ,pleaseと言えば良し)。
  8. イミグレーションの地下のコピー屋さんでいろいろコピーをとる。パスポートは写真ページ、最後にタイに入国したページ、出国カードのコピー。銀行通帳の最終ページのコピーなど。
  9. イミグレーションに行って手続きをする。申請料2000バーツを払い、領収書をもらう。この領収書は次回必要なのでとっておく。
  10. 貰った領収書には15日後の日付が書かれているので、その時にまた移民局に出向き領収書を持って奥のカウンターで受付番号をもらい順番が来るのを待つ。3ヶ月滞在可能な仮リタイアメントビザ(スタンプ)を得る。
  11. リタイアメントビザの有効期限が切れる30日前にまた入管へ行き、1年のビザを得る。申請書がTM.87からTM.7に変わるが、要領は前回とほぼ同じ。ただし、パスポートの期限が1年以内なら、パスポートの期限までのビザしか取れない。
  12. ビザを1年更新したあとも、タイに90日以上、連続して滞在する外国人はすべて、イミグレーションに90日リポートを提出して、所在を報告しなければならない。住所の書かれた紙が必要。
  13. 1年ビザを取得したのち、タイ国外に出る時に、そのビザを生かすためのリエントリー・パーミットは、空港で取る。

 

【2019年1月18日追記】

90日レポートはその時住んでいる場所のイミグレに提出します。

【最新関連記事:投稿2019年1月18日】





バンコクのイミグレーション(入国管理局:入管)での注意点

バンコクのイミグレーションの場所はドムアン空港の近くです。BTSモーチット駅からタクシーで20分、チェーンワッタナのソイ7にある政府機関集合体のB塔です。

パタヤ、チェンマイにもイミグレーションはあります。場所は滞在期間延長に関して書いた別記事をご参照ください。

(2018年9月26日追記)

チェンマイのイミグレーションはチェンマイ空港付近に移転しました。詳しくは次の投稿をご覧ください。

【関連性の高い記事】

【関連性の高い記事】

バンコクのイミグレーションの地下にある銀行の支店では、本人が行けば、ほぼすべての銀行で、残高証明を出してくれるようです。バンコク銀行、、カシコン銀行、サイアムコマーシャル銀行、クルンタイ銀行、タハーンタイ銀行など。

イミグレーションの地下にコピー屋さんが数ヶ所あり、そこで「リタイヤメントビザ」と言って彼らに丸投げしたら手際よくやってくれるらしいです。コピー1枚2バーツ。写真も4枚100バーツで撮ってくれるようです。

コピーした書類には余白の部分に全てサインを書いておく必要があります。

最大の難関は、タイの銀行に自分の口座を作ることらしいのですが、私の場合は難なく作れたので安心です。

【関連性の高い記事】

タイミングをみてカシコンバンクの口座に日本の銀行から80万バーツ(300万円くらい)を送金して、しばらく寝かせておこうと思います。

後日追記)銀行よりも海外送金業者「TransferWise」を使ったほうが安く済むことが分かりました。実際に使って送金してみましたが簡単でした。

【関連性の高い記事】

2019年8月3日追記)いよいよ準備にかかり、実際にTransferWiseで300万円近くの送金をしました。

【関連性の高い記事】

後日追記)バンコクのイミグレーションにバスでいく方法を詳しく説明しているサイトを発見しました。とても分かりやすく書いてあります。

はぴらき合理化幻想

 

リタイヤメントビザに関しては準備が進みましたらまた取り上げたいと思います。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*