老後の生活費が月16万円ではやっていけないとか、贅沢だと思う

かぶとたいぞうです。

ニュース記事などを見ていると、「老後の年金収入が夫婦合わせて月16万円しかなく、必要とされる23万円に対し7万円も不足なので老後も働き続けなければならない」みたいな記述が出てきて驚きます。



月16万円もあったら十分じゃないか

年金収入が16万円もあるなら必ず生活ができます。16万円で生活ができないというなら贅沢か工夫が足りないかのどちらかです。

私の場合は日本だとローンの終わった持ち家があるので1ヶ月8万円で生活ができますが、仮に借家かアパートで暮らしても12万円程度で十分やっていけると思います。

老後も働くことは悪いことではないが

働くことは悪いことではありません。社会に繋がりを持つことは良いことです。

しかし、よほどの特殊能力がない限り、みんながみんな同じ思考パターンで働きに出れば、安い賃金でコキ使われるだけだと思います。働きたい老人ばかりだと安く買い叩かれるからです。



働きに出れば支出も増える

また、働きに出ればそれだけ支出も増えるのです。今どき交通費を全額出してくれる会社などほとんどありません。ストレス解消や付き合いで外食すれば1日分の賃金が吹っ飛びます。

労働はいつまでもできるものではない

さらに一番大事なことは、労働はいつまでもできるわけではないということです。いつかは病気になったり衰弱して働けなくなるのです。健康寿命のギリギリまで働くのでしょうか。

多くの人とはまったく逆の発想で生きていかなければならないと思うのです。

【関連性の高い記事】



働くより節約するほうが価値が高い

1ヶ月16万円で足りないなんてことは決してありません。家賃が高いなら安いところに引っ越せばいいのです。できない理由をいくら連ねても何にもなりません。

稼いで不足分を補うより、節約して支出を減らすほうが価値があります。賃金は一時的なものですが、節約が身に付くとその効果は一生続きます。

発想を変えれば工夫のしようはいくらでもある

私は今タイのパタヤに住んでいます。少し贅沢ですがアパートはバルコニー付きの広い部屋です。リビングは20畳、ベッドルームは8畳ぐらいあります。海まで歩いて12分です。それでもパタヤでの生活費は1ヶ月10万未満で済みます。安いアパートなら1ヶ月7万円で生活できます。

日本では無理だというならタイに移住すればいいのです。

「そんな簡単に」と言われるかもしれませんが、その気になれば簡単です。

【関連性の高い記事】



16万円もあるなら毎月5万円は米国株に積立て長期投資

私なら16万円もあればそのうちの5万円を毎月米国株の長期積み立て投資に回します。

今はどのネット証券会社も手数料の下限が撤廃されたので、少額投資でも手数料は気になりません。

1年間で60万円の米国株長期投資をコンスタントに続ければ、配当の福利計算と増配、元本の値上がり益も含めて10年後には元本が1200万円くらいになっていることと思います。

米国株積立て投資の福利計算で資金は10年で2倍に

毎月5万円をただ貯金するだけなら1年で60万円、10年で600万円にしかなりません。しかし高配当優良米国株への長期投資なら2倍の1200万円になる可能性が高いのです。

株式投資には当然リスクがありますが、そのぶん期待できるリターンも大きいのです。毎月捻出した5万円はどうせ贅沢していたら使ってしまったお金です。多少のリスクはいいのではないでしょうか。



投資こそ老後にふさわしい「仕事」

米国株長期投資でひと財産作る。これこそ老後にふさわしい「仕事」ではないでしょうか。

株式投資や株式運用は労働と違って死ぬまでできます。病気になってもできます。

10年後の1200万円はそのまま資産として残るだけでなく、その後は毎月5万円の配当を生みます。10年間苦心して積み立てた月5万円の投資が、こんどは配当として死ぬまで帰ってくるのです。貯金を切り崩して使うのと違って元本はいつまでもなくなりません。

福利計算の魔法と米国株長期投資の醍醐味

これが福利計算の魔法であり、米国株長期投資の醍醐味なのです。

【関連性の高い記事】

労働でもお金は稼げますが、年を取ると働けなくなります。同じ働くでも体を使うのではなくもっと勉強してもっと頭を使って老後にふさわしい仕事をするべきだと思うのです。



銘柄選びさえ慎重にやれば、米国株長期投資は簡単

米国株長期投資をするのに大金は要りません。工夫して節制して少しでもお金を残し、それを米国の優良株にせっせせっせと積み立てて配当もすべて積み立てればいいだけです。

大事なのは銘柄選びだけです。それ以外は簡単で誰でもできます。

【関連性の高い記事】

あえて言えば、米国株長期投資でもう一つ大事なのは「忍耐」です。焦らずサボらずコンスタントに買い続け、多少の株価変動があっても決してやけになって売ったりしないことです。

株は上がったり下がったりしますが、下がればまたいつかは上がりますから気にする必要はありません。そもそも、どうせ死ぬまで売らないのですから上がっても下がっても関係ないのです。いくら株価が下がっても優良株なら配当は下がりません。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*