私が早期リタイアメント&タイ移住を意外と簡単に実現できた理由

かぶとたいぞうです。

早期リタイアとタイ移住を目指して本格的な準備を始めて1年。私は今、既に1年のうち半年はタイで、残り半年は札幌で暮らす生活に入っています。



早期リタイア&タイ移住は意外と簡単だった

ここパタヤのアパートメントは半年の契約で借りました。パタヤビーチまで歩いて13分。近くにはスーパーマーケットもあり便利な場所です。

タイのリタイアメントビザの申請も無事に受理されました。後はビザが発行されるのを待つだけです。

リタイアメントビザも簡単だった

リタイアメントビザが発行されたら、1年更新でタイに住み続けることが可能です。もちろん途中で日本に帰国することも可能です。

【関連性の高い記事】



その気になって準備すれば、意外と簡単に早期リタイアと海外移住は実現可能であることが分かりました。



私が早期リタイアを簡単にできた理由

私には早期リタイアは意外と簡単でしたが、そうしたくてもなかなか実現できない人も多いかもしれません。

あらためて振り返ってみると、私が早期リタイアを実現できたのは次の2つの経済的束縛から解放されたからだと思います。

早期リタイアの条件は経済的負担からの解放

  • 子供の教育費、養育費などの経済負担
  • 家のローン他借入金返済の経済負担

友人等と話をしても、主に上記2つが足かせになってリタイアできない人が多いです。

まだ子供が独立していないとか、子供は学校を卒業したが、就職ができないのでアルバイトをしながら親と一緒に暮らしているとか、家のローンがまだ終わってないとかの理由でリタイアができません。

もっとも、はじめから子供がいないとか、借家住まいの人なら経済的束縛がないので私同様に早期リタイアは簡単かもしれません。でもそういう人はそういう人で別な理由で早期リタイアができないような気がします。



借金や子供の負担さえなければ早期リタイアできる

早期リタイア実現の条件は他にもあるかもしれません。しかし大きなものは上記2つに代表される経済的負担(=支出)からの解放です。

それらから解放されてもなお早期リタイアができないという人は、単にその気がないからでしょう。

日本でもタイでも1ヶ月10万円以内で生活できる

ローンの終わった家があり、他に借金が無く、子供などにお金がかからなければ、日本でも1ヶ月10万円以内で生活ができます。

また、私のようにタイに移住すれば、アパート代を含めても1ヶ月10万円以内でじゅうぶん生活ができます。

10万円では足りないという人は、お金が足りないのではなく工夫が足りないのです。知恵が足りないのです。生活能力が劣っているのです。



リタイアには収入増より支出減の方が重要

お金を稼ぐことより、少ない支出で楽しく豊かに生活する方法を研究することが、早期リタイアの実現には現実的な課題です。

【関連性の高い記事】

お金が足りないからもっと稼いでからでないと安心してリタイアできない、という人は何歳になってもリタイアすることはできません。死ぬまで働くことになります。

私がタイ移住を簡単に実現できた理由

次にタイ移住が私にとって簡単だった理由ですが、ひとことで言うと私に勇気があったからだと思います。

自分が生まれ育った場所とは違うところで生活するのは誰だって不安です。

言葉、生活習慣、食べ物、医療、社会制度、法律。全て日本とは異なります。



勇気さえあれば海外移住は簡単にできる

そんなところに飛び込んでいくのですから勇気が必要です。

「言葉がぁ」とか「食べ物がぁ」などと言っているうちはどこにも移住できません。

逆に言うと勇気さえあればタイ移住は簡単です。

むかしブラジルやドミニカに移住していった人たち

その昔、日本からブラジルへ、あるいはドミニカへ渡った移住者のことを想像してみて下さい。

片道切符の船に乗って一ヶ月以上かけて現地に渡るのです。日本人など誰もいません。日本の大使館もありません。何かあっても自分で解決しなければならず、日本にも簡単には戻れません。荒れた土地を何年もかけて耕し、やっと生活したのです。

【関連性の高い記事】



タイは近い、速い、安い、安心

それに比べたら現在のタイなんて日本から飛行機ですぐです。タイにいて何かあっても夜中にバンコクを出発すれば翌朝には日本に着いています。

エアアジアなどの格安航空のおかげで飛行機代も安くなりました。

タイには日本料理店がたくさんあります。スーパーマーケットには豆腐も醤油も売っています。

移住できないのはその気がないか勇気がないから

それでもまだ「言葉がぁ」とか「食べ物がぁ」などと言って尻込みするなら、それはただ単に移住する気がないだけです。

「いつかそんなことができたらいいなぁ」という空想を言葉に浮かべただけで、最初からその気がないのです。

そうでないとしたら勇気がなさ過ぎます。

その気があれば誰でも早期リタイアを実現してタイに移住する事は可能です。

子供に手がかからず、大きな借金が無ければ実現可能なのです。

あと必要なのは勇気だけです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*