放射線量定点観測9月8日北海道地震後の札幌

かぶとたいぞうです。

しばらくの間、札幌市中央区の放射線量を計測してご報告します。安心のためです。

場所:札幌市中央区大通西15丁目 マンション8階

測定器:エステー エアカウンターS





北海道地震後の札幌、放射線量に異常なし

地震直後から上記ガイガーカウンターで放射線量を測定しております。今のところまったく問題はありません。

今朝9:30の測定値 0.07マイクロシーベルト(平均0.05~0.18程度の範囲内)

放射線量測定値

今後も何回か図って追記します。

+++++

(14:15追記)

14:15の測定結果は0.10マイクロシーベルト。まったく問題なしです。

 

放射線量測定結果

夜になったらもう一回計ってみます。

+++++

(20:30追記)

夜になっても放射線量に異常はありませんでした。

これ以降も計測は続けますが、高い数値が出たときのみ掲載します。

また当面の間、高い数値が出なくても今後の投稿には測定値をなるべく掲載します。

(追記)その後の放射線量が気になる方がけっこういらっしゃるようです。この記事を検索して訪れる方が多いので、別記事として毎日の放射線量定点観測記事をアップしました。毎日朝夕に測定し記事を更新していきます。



【関連性の高い記事】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*