タイの激辛とうがらし「プリッキーヌ」を食べて死にそうになった

かぶとたいぞうです。

私は辛いのはあまり得意ではありません。まったくダメなわけではないのですが、タイの辛い料理は敬遠します。

その私がタイの激辛とうがらし「プリッキーヌ」を食べて死にそうになった話です。





クイッティアオ屋台の小鉢に入ったプリッキーヌ

一昨日の夜でした。酒を飲んだ帰り、近くの屋台でクイッティアオ(タイのラーメン)を食べていて、テーブルの上にニンニクと「プリッキーヌ」が入った小鉢を見つけました。

以前から見慣れたものだし、「プリッキーヌ」がそうとう辛いことはうわさで知っていました。

タイの辛い唐辛子

小鉢に入ったニンニクと「プリッキーヌ」をぼんやり眺めながら、「タイの人はこれをどうやって食べるんだろうか」、「クイッティアオに入れるんだろうか」、などと考えていました。

酔っていたこともあって、「プリッキーヌ」がどれほど辛いのか、少しだけかじってみたくなりました。

「プリッキーヌ」は普通の唐辛子より小さいです。その先っぽのとんがったところを、ほんの1ミリくらい噛んでみました。

味がない。たいしたことないのかな。

もう少し噛んでみました。

「プリッキーヌ」を噛んでみた

瞬間に、「やばいことになった」と感じました。

急いで屋台に備え付けの氷と水をプラスティックのカップに注ぎ、舌を突っ込みました。

プリッキーヌは辛いというより痛い

痛い。

辛いというより痛いです。完全に火傷状態です。激痛です。

舌先を氷につけていても痛いのです。

ためしに氷から舌先を離してみると、ガンガンします。ヒリヒリではありません。ガンガンです。

「やめておけばよかった」と思いましたがもう遅いです。

それから約30分。他のお客さんの冷笑を横目に、氷水の入ったプラスティックのカップを口にあてて、目を白黒させながら必死に耐えました。

水が少しでもぬるくなると舌先がガンガンするので、時々舌先を動かして氷水を混ぜます。

この痛さ、苦しさはやったことのある人でなければ分かりません。でも絶対にやめたほうがいいです。おすすめしません。

「死にそうになった」と言うのは少しオーバーですね。死ぬとは思いませんでしたが、死ぬほど辛かったのは事実です。

もう2度と「プリッキーヌ」は口にしません。みなさんもお気をつけください。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*