タイの物価:割に高いもの、安いもの、食事、食品、酒、日用品

かぶとたいぞうです。

タイの物価は平均して日本の物価の3分の1程度です。しかし、中には他のものと比べて割高なものがあります。逆に割安のものもあります。

今日は、割に高いもの、安いものを分類整理したいと思います。





ワイン、チーズ、タイでは輸入品はけっこう高い

ワインは日本より高いです。日本で500円以内で買えるようなワインが、普通に300バーツ(1000円)以上します。平均物価が日本の3ぶんの1なのに、逆に日本の2倍なので、タイのワインはタイの平均的な物価の6倍もすることになります。

チーズも高いです。日本で500円くらいで買えるチーズのかたまりが、やはり最低でも300バーツ、高いものなら500バーツ(1750円)もします。

インスタントコーヒーも高いです。コーヒーに砂糖とミルクが入ったスティック状のインスタントコーヒー(ネッスル)は日本のドラッグストアで買うと30個入りで260円で買えますが、タイだと同じものが150バーツ(525円)します。日本の2倍です。

これら異常に高いものは共通して輸入品、もしくは海外ブランドのものです。きっと関税が高いからだと思います。

ビール、ウィスキー、酒類が全般的に高い

輸入品ほどででは無いですが、酒類も全般的に高いです。特にビールが他の物価に比べて高いです。

タイ国産のビール大瓶の値段が56バーツ(200円)です。

世界一ビールの高い日本から比べると安く感じるかもしれません。日本だと大瓶で360円くらいします。

【関連性の高い記事】

しかし、日本以外の他の国と比べると、タイのビールは高いです。

ちなみに筆者が今年の6月に滞在した、イタリアのパレルモでは、500mlのビールが0.5ユーロ(65円)で買えます。

【関連性の高い記事】

タイ国内の他のものの値段と比較すると、タイのビールが突出して高いことが分かります。

一般的な食堂や屋台で料理を頼むと、安いものだと40バーツ、高いものでも60バーツくらいで食べることができます。それに比べて、ビールはセブンイレブンで買っても56バーツするのです。料理代よりビール代のほうが高くつきます。

世界一ビールの高い日本でさえも、ビール1本の値段が料理の値段より高いことは滅多にありません。

タイではビールはかなり高いものなのです。ぜいたく品なのです。ビール以外の酒類も全般的に高いです。

ワインが高いことは既に言いましたが、タイではウィスキーも比較的高いです。

きっと酒税が高いからだと思います。



超高いもの~超安いもの、タイの物価を整理

気のついた範囲内で、タイの物価を整理すると次の通りです。

高いか安いかは日本の物価と比べてではなく、タイの平均的な物価と比べてです。

超高いもの

  • ワイン(1500円)
  • チーズ(1500円)
  • インスタントコーヒー(1回18円)
  • 牛肉(100g150円-200円)

高いもの

  • ビール(200円)
  • ウィスキー(4号瓶で1300円)
  • 日本の食品
  • 牛乳
  • 100%ジュース
  • 豆腐
  • ヨーグルト
  • 鶏卵
  • 魚・シーフード
  • ホテル代
  • トイレットペーパー
  • 石鹸、シャンプー

平均的なもの

  • くだもの
  • 鶏肉
  • 豚肉
  • パン
  • インスタントラーメン
  • 日用雑貨
  • 洗剤
  • ペットボトルの水

安い物

  • 野菜
  • アパート代
  • 水(販売機)
  • 外食(屋台、食堂)

超安いもの

  • マッサージ(1時間525円)
  • 床屋(男性350円)

断片的な見方なので偏りがあるかもしれませんが、だいたいの傾向はつかめていると思います。

タイの物価の傾向と分析

察するに、輸入品と酒類にはかなり高率の税金がかかっていのだと思います。だから高いのだと思います。

また、外国人観光客が買うようなものは割高なのだと思います。高くても売れるからだと思います。

牛肉が高いのは仏教的な理由もあるかもしれません。タイ人は敬虔な仏教徒が多く、牛肉は食べません。

いっぽう、タイの庶民が買うようなものは健全な競争原理が働き、高くはならないのだと思います。

タイは人件費が安いので、マッサージや床屋など、ほぼ人件費が100%のサービスは安いです。私は利用したことがありませんが、掃除、家政婦、修理などのサービスも安いのではないかと推察します。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*