【米国株配当生活】第2四半期も好決算のPMフィリップモリスから配当金、安定の高配当続く

かぶとたいぞうです。

世界中の愛煙家の皆様、まいどありがとうございます。本日、フィッリプモリス(PM)より配当金が入りました。

世の中にタバコを吸う人がたくさんいらっしゃるおかげでお金がもらえるのだと感謝致しております。





タバコはなかなかやめられない

私は9年前にタバコをやめました。やめるのはけっこう大変でした。だから、やめたくてもタバコをやめられない人が世の中にはいっぱいいるだろうと思いました。

それで、タバコ会社の株を買う気になったのです。

【関連性の高い記事】

どんな状況になろうと、絶対にタバコをやめない人たちがいます。私の周りにもたくさんいます。私の姉なんて、気管支炎なのにタバコをやめません。

私はタバコを吸う人をとがめません。嫌いでもありません。一生懸命タバコを吸って、タバコ会社の利益に貢献して、私の配当を作ってくれる人たちです。嫌いなわけがありません。むしろ感謝しています。

今回のPMの配当金

さて、今回のPMの配当金は前回と同額。横ばいでした。

1単位当たり1.14ドル。税引き後の1株あたりの受け取り金額は0.908ドルでした。

今年の1月にはSBI証券がまちがって米国の課税ぶんを多く引きすぎて、後で払い戻した事件がありましたが、今回は4月に続いて正常に処理されていました。

【関連性の高い記事】

国内(日本の)課税額は、配当日の国際為替レートによって決まるので、税引き後の1株あたりの受け取り金額はその時々で多少変化します。それを加味すると前回と同額です。



第2四半期決算好調で値上がりしたPM株の配当率

PMの株価は好調の第2四半期決算を受けて、昨夜いきなり8%超の値上がり。終値は87.71ドルでした。昨夜急騰した株価で配当率を求めると、

税引き前:1.14ドル×年4回÷87.71ドル=5.19%

税引き後:0.908ドル×年4回÷87.71ドル=4.14%

NISAだと米国ぶんの税金しかひかれませんが、PMの場合、営業拠点がすべて外国のため、米国内の課税はほとんどありません。よって、税引き前の配当率である、5.19%に極めて近い数値となります。

好決算による8%超の値上がり後でも、なお税引き後で4%を超える配当率を出すPM。最強です。

私のPM配当率(税引き後)の実績

私の場合、PM株は加重平均すると約84ドルで買っています。加えて、NISAで買ったぶんも若干あるので、税引き後配当率の実績は4.5%を越えています。

PM株はもっと下がればさらに買い足そうと思っていますが、下がりそうでなかなか下がりません。

これからもPM株は大事に守っていきますので、世界の愛煙家のみなさん、今後もよろしくお願いします。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*