PEP(ペプシコ)の配当が増えました(増配)

こんにちわ。かぶとたいぞうです。

6月末にペプシコの配当がありました。

  • 前回は1株につき、0.8050ドル、年間換算で3.22ドル。
  • 今回は1株につき、0.9275ドル、年間換算で3.71ドル。

15.22%の増配です。

それにより、私の今までの投資額に対する配当率は、2.24%から2.58%へ大きく改善しました。





優良安定株は増配し、配当率が良くなる

前回、JNJ(ジョンソン・アンド・ジョンソン)の話でもご紹介しましたが、優良安定株は、最初は配当率が悪くても、少しずつ増配しますので、だんだん配当率が良くなります。

【関連性の高い記事】

増配を好感して現在PEP(ペプシコ)の株は上がっています。

PEP(ペプシコ)という会社は食品の多国籍企業

前回、ペプシコの株の説明でもとりあげましたが、ペプシコはペプシコーラだけではありません。現在世界第2位の食品会社なのです。

会社の規模はコカコーラより断然上です。

フリトレーなど、ポピュラーな食品を世界中で作り、世界中に売っている、食品の多国籍企業です。

【関連性の高い記事】





食品、薬品、日用品など、地味な商品を扱う企業の株が安定している

私は食品、薬品、日用品など、生活に必要なものを扱う企業に投資しています。世の中から無くならないからです。

他に、農業関連、軍需関連、たばこにも手を出しています。これらも世の中から無くならないと思うからです。

【関連性の高い記事】

世の中に必要な安定優良企業は必ず増配する

世の中から無くならないものを扱い、長期間安定した実績のある企業の配当は、必ず少しずつ増えていきます。

世の中のニーズがあり、多くの顧客から支持を受け、安定して利益を出し続ければ、株主に還元できるからです。

私はこれからも、そのような、地味で安定した企業の株ばかり買い進めていくつもりです。

みなさんも有益な株投資を。
ごきげんよう。


【関連性の高い記事】

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*