歳をとると、時間をかけてひとつひとつ解決していく仕事ができるようになる

かぶとたいぞうです。

引越しの後片付けもだいたい終わり、ようやく落ち着きました。

この機会に捨てる物はすべて捨てようと思ったので、引越しそのものよりも捨てる物の選別やゴミ出し作業にけっこう時間がかかりました。





歳をとると体力をつかう仕事は不得意になる

歳をとると体力が衰え、重いものを持ったり、運んだりする作業に時間がかかります。へたにがんばっちゃうと腰を痛めます。現にこの2、3日腰が痛いです。

また、長時間作業をすると疲労回復に時間がかかります。疲れても次の日に回復しているというわけにはいきません。一度疲れると、1週間ぐらい回復しません。

若い時のように何事もシャキシャキとはいきません。

しかし、歳をとったおかげで得意になった仕事もあります。

歳をとると時間のかかる仕事は得意になる

面倒なこと、時間のかかること、慎重さを要すること、などをひとつひとつ丁寧に解決するのは、若い頃よりうまくできます。

住民票の移動や各種住所変更などは事務的で面倒な作業です。若い頃はそういったことをチマチマとやることが不得意で、いつも人に頼むか後回しにしていました。ところが歳をとると、そういう面倒なことをひとつひとつ自分でこなすことができるようになるのです。ぜんぜん苦になりません。

入院時の保険請求、国民年金の支払い免除請求なども、必要な書類を全てそろえ、申請書をひとひとつ慎重に書いて、たんたんと処理できます。

若い頃はそのような作業は一切人に任せて、自分ではやりませんでした。いや、やれませんでした。途中で面倒くさくなってしまうのです。

だから、けっこうな還付金が戻ってくるのを知っていながら、何年も確定申告をしていなかった時期もありました。



からまった釣り糸をはずせるか

イメージ的な例えですが。

若い頃は、釣りに行って釣り糸と仕掛けがからまってしまって、なかなかはずれない(おまつり)状態になったらどうするか。途中で面倒くさくなって、仕掛けごと釣り糸を切ってしまいたくなります。実際に切ったことも何回もあります。そして新しい仕掛けに付け替えるのです。

ところが、今では丁寧に丁寧に、ゆっくりと、ひとつひとつ、釣り糸を手繰り寄せ、針に気をつけて、時間をかけて絡まった糸をもとどおりになおすことができるような気がします。

若い頃より気長になったからだと思います。

年寄りの長所を活かす

歳をとると体力が衰えます。手先も不器用になります。忘れっぽくなります。頭の回転も悪くなります。若い頃ほど上手に話せません。見た目も悪くなります。

しかし、気長にひとつひとつ丁寧に時間をかけて行なう仕事は、むしろ得意になったような気がします。

中には歳をとって短気になり、頑固で怒りっぽいジジイもいますが、私はいまのところ大丈夫なようです。

年寄りは気長に時間をかけて行なう仕事に特化すれば、若い人に勝るとも劣らないような気がします。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*