JNJ(ジョンソン・アンド・ジョンソン)の配当が増えました

こんにちわ。かぶとたいぞうです。

私は今、イタリアのシチリア島にいますが、海外にいて株の配当通知を受け取るというのは気分がいいですね。



JNJ(ジョンソン&ジョンソン)は7%以上の増配

しかも今回通知のあったJNJ(ジョンソン&ジョンソン)は増配しており、1株につき配当が税引き前で0.9ドル、年間で3.6ドルとなっていました。前回は年間3.36ドルでしたので、7%以上の増配です。

やっぱり当初の配当率が少し低くても、実績のある安定企業への投資は増配により少しずつ配当率が増してきますので、長期的にはいい選択です。

はじめてJNJ株を買ったときは、配当率があまりにも低かったのでどうしようかと迷いましたが、今思うと買ってよかったと思います。

今までJNJに投資した実際の投資額と受け取った実際の税引き後配当金で割り返してみますと、実配当率は2%を超えました。この調子で3%まで伸びてくれることを期待します。

最近は株価が予想に反して上がっていますので、なかなか買うタイミングが無いのですが、このように配当が確実に手に入ることを考えると、あまりタミングを考えずに、自分が判定した価格以下の株は単純に定期的に買っていったほうがいいのかもしれません。

もう少し下がったら買おうと思っているうちにどんどん上がって行くこともありえます。これから株が上がるか下がるかなんて誰にも分からないのですから。

さて、株の話のついでに、もうひとつ私が今狙っているロッキードマーティン(LMT)の話をしましょう。

ロッキードマーティン(LMT)も増配銘柄

今、世の中は北朝鮮と米国の首脳会談に関連して、軍事演習の中止、規模縮小ムードの中、軍需関係の株が下がっています。

私は今まで軍需関係の株をずっと見てきましたが、同じことが何回も繰り返されています。つまり、平和ムードはつかの間、また何らかの緊張が発生し、軍需は伸びて軍需関連の株も上がります。

米国の軍産複合体の存在は政治的にもとても大きく、軍需がなくなることは無いのです。

ローッキードマーティンよりボーイングのほうが、より政治的に上がるかもしれませんが、長い目で見ればロッキードのほうが値ごろになるでしょう。ボーイングは上がりすぎです。

先のことは誰にも分かりませんが、軍需株を買うならこれからがチャンスだと踏んでいます。

みなんさんも良い投資を。

ごきげんよう。

【関連性の高い記事】

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*