JNJジョンソン・エンド・ジョンソン、アスベスト問題再燃で株価急落

かぶとたいぞうです。

今朝、起きてみるとジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の株価が急落していました。



JNJ今朝の急落6%超

いったい何があったのでしょう。またアスベスト問題か。

JNJ株価チャート



さっそくいつものように米国版Yahooファイナンスで関連ニュース(英語)を検索してみました。

やっぱりアスベスト問題でした。

JNJに関する米国Yahooファイナンス記事要約

以下は、米国版Yahooファイナンスのニュース記事を私が適当に訳したものです。

***

FDA(アメリカ食品医薬品局)が行なったテストでJNJのベビーパウダーからアスベストが発見されたと発表されました。

それをうけて金曜日(今朝)JNJの株は急落しました。

テストに使ったサンプルはオンライン小売業者(ネット通販)から買ったものらしいです。

同じロットの製品にはすべてアスベストが含まれると思われ、ジョンソン・エンド・ジョンソンは自主回収を開始したことを書面で通知したようです。

今回テストに使われたサンプルが封の開いていない(新品の)ものだったか、また、正しい方法でテストしたか、そもそもテストに使われた製品が本物か、など明らかにされていない点もあります。

JNJの消費者部門は、タルクとベビーパウダーが安全であることを確認するために、毎月自主テストしており、先月の自主テストではアスベストは含まれていなかったと述べています。

また、今までもアスベストが含まれていなかったことを証明するための過去40年間のテストデータがあると主張しています。

***



JNJに次々とのしかかるアスベスト問題

JNJのアスベスト問題は今に始まったものではありません。

2018年12月にロイターから爆弾報告書が発表されました。JNJのベビーパウダーにアスベストが含まれていること、同社はそれを知りながら何十年も隠蔽してきたこと、などの内容です。

JNJは事実無根だと反論しましたが、その日JNJの株価は10%暴落しました。

その後、ミズーリ州の裁判所でベビーパウダー由来のアスベストで卵巣がんになったと主張する22人の女性による裁判にJNJは負けました。

今年に入って2月には証券取引委員会からタルクとベビーパウダーに関するより詳細な資料を求められました。

7月には司法省がJNJに捜査を始めたというニュースでまた株価が急落しました。

【関連性の高い記事】

それでもJNJは回復してきた

このようにJNJはたびたびアスベストの問題でたたかれ株価が下がりましたが、その都度回復してきました。たたかれても株価が回復する理由は主に次の3つです。

  1. JNJの業績が良いから(裁判で負けても支払い能力に余裕があるから)
  2. ベビーパウダーなどの日用消耗品はJNJの主力製品ではないから
  3. 世の中のほとんどのパウダー製品にアスベストが含まれている可能性が高いから

今回もJNJの業績向上を好感して、株価が上がった直後の急落でしたが、ほとぼりがさめたらまたV字回復するのではないかと思います。



JNJは「買い」だと思う

私は今回もJNJを継続注文中でした。しかし、昨夜は私が指値を入れていた126ドルにまでは届かず、残念ながら買うことができませんでした。

週明けのもう一段の値下がりに期待します。

【関連性の高い記事】

JNJは買いだと思います。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*