【働き方改革】「日本の生産性が低いのは中小企業で働く人が多いから」は正しい。しかし

かぶとたいぞうです。

最近、デービッド アトキンソンという人の文章を読みました。内容の骨子は次のとおりです。



デービッド アトキンソン氏の主張

  • 日本の生産性が低いのは中小企業で働く人が多いから
  • それは、日本には中小企業が多いから
  • それは、中小企業が中小企業基本法で守られているから
  • 大企業で働いている人は生産人口のわずか13%
  • 中小企業の中でもメーカーはまだマシだ
  • メーカーは従業員300人までは中小企業の分類だから
  • 中小企業で働く人がいくら休みを増やしても生産性は上がらない

私は東洋経済で読んだのですが、本も出ています。



すべてその通りだと思います。

その通りなのですが、今までは誰も言い出せなかったことなのです。

中小企業の生産性を上げようとしたら中小企業は潰れます。最近は中小企業は潰れてもいいような論調ですが、中小企業が潰れたら多くの人が路頭に迷います。

幼馴染はみんな中小企業で働いている

中学のクラスメイトの8割くらいは地元の中小企業に勤めています。北海道の場合はメーカーが少ないので、ほとんどは小売業かサービス業です。いずれも従業員50人未満の会社です。

中学のクラスメイトが50人だとして、大企業に勤務している人はおそらく2、3人くらいでしょう。13%までいきません。

その他の人は圧倒的に中小企業あるいは零細企業に勤めているか自営業です。家事手伝いや無職の人もいます。

高校は進学校だったので、逆に8割以上の人が大企業、国家特定士業、公務員などですが、中学は普通の公立なのでいろいろな人がまんべんなくいます。

中学のクラスメイトの就職先のほうが世の中の縮図に近いでしょう。



「改革の体力の無い中小企業には退場していただく」

中小企業の生産性が低いのははっきりしています。生産性が低いので「ご退場いただく」なんてことになったら多くの人が失業します。世の中には中小企業でしか働けない人がたくさんいるのです。

私は大企業しか体験したことがありません。大企業に勤めている間に中小企業診断士の資格をとって独立しました。

独立後、初めて仕事で中小企業の実態を見て愕然としたことを覚えています。

大企業では当たり前だと思っていたものが中小企業にはまったく無いのです。

  • 退職金制度
  • 出張日当、手当てなど
  • 企業年金基金
  • 労働組合
  • 福利厚生施設
  • 年間研修制度
  • 新入社員のしっかりした導入研修

挙げればきりがありません。

年に一度の健康診断も行なっていないとか、残業させても残業代をまともに払わない会社もありました。

中小企業は求人誌などで見劣りがしないように、月額の名目賃金だけは大企業になるべく合わせます。しかし、福利厚生、退職金などを含めた人件費総額では圧倒的に大企業のほうが手厚いのです。

中小企業と大企業では利益が圧倒的に違う

当時私が勤務していた会社の経常利益は常に1千億円くらいありました。北海道の中小企業の経常利益は1千万円もありません。

利益どころか、売上げだって1千億円を超えるような企業は、北海道には10社もありません。

あげている利益が圧倒的に違うのです。待遇や人件費、労働環境などが違ってあたりまえです。

大企業が圧倒的な利益を上げているのは、それだけ優秀な社員がたくさんいるからに他なりません。

だから指導先の中小企業の社員には大企業のことは言えませんでした。言っても仕方ありません、羨ましがるだけです。気の毒です。中小企業の社長だって無い袖は振れないのです。

中小企業で働く人も、大企業に入れないから中小企業に入ったのです。我慢しなければなりません。



「働き方改革」を強制すると中小企業は潰れる

中小企業に「働き方改革」を強制しても、効率は上がらず潰れる会社が増えるだけです。それじゃ、この機会に改革のできない会社は潰れればいいのでしょうか。

今はそれでなくても不景気なのに、潰れる中小企業が続出して大失業時代になってしまいます。

あぶれ出た失業者をすべて受け入れるだけの力は今の大企業にはありません。大企業も人を欲しがっていますが、優秀な人だけ欲しいのです。

生産性を追及すると恐ろしい世の中になる

働き方改革を強制すると、生産性の上がらない中小企業はバタバタと潰れ失業者を大量に生むでしょう。生き残った大企業は失業者を受け入れてくれません。

いっぽう大企業もAIやロボットなどの導入で思い切った改革を進め、さらに生産性を高め、ついていけない人をふるい落とすでしょう。大企業はそれほど優秀でない人に金を出すぐらいならAIやロボットに金を出します。

まさに大失業時代です。中小企業からも大企業からも失業者が大量に発生します。

捨てられた老人とホームレスがあふれる阿鼻叫喚の地獄絵巻を見ることになるのでしょうか。

それほど優秀でない人でも働いて世の中に貢献して活き活きと生活できるような社会を作る。本当はそれが政治家の役目なのですが。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*