【東京隔離生活】パタヤとの比較、東京で感染者が増えるのは当たり前だわ

かぶとたいぞうです。

パタヤから戻り、東京での隔離生活に入りました。厚生労働省の指示どおり、食べ物など必要な買い物以外は外出せず、都内のホテルの部屋で一人でおとなしくしています。



必要な外出のみマスクをして

必要な買い物などで外出する時は必ずマスクをしています。

厚生労働省から言われたからでもありますが、実は自分の身を守るためです。

晩ごはんの弁当を買いに外出してみた

昨日の夜、晩ごはん用のお弁当を買うために外出しました。すぐ近くにもコンビニがありましたが、他にも店がないかと最寄り駅の近くまで5分ほど歩きました。

途中多くの人とすれ違いましたが、マスクをしていない人が多いのに驚きました。



駅前の飲み屋街

私が自主隔離している街の駅近くには飲み屋街があります。夜8時前でしたが、マスクをせずに飲み歩いているサラリーマン風の人達が大勢いました。私はコロナ感染が怖くて近づきませんでした。

東京のコロナ:kabutotai.net

東京の人は生ものも平気でバクバク

飲み屋街の居酒屋を横目で見ると、みんな刺し身をバクバク食べてました。寿司屋も客が入っていました。新規感染者ゼロが2ヶ月近く続いているパタヤでも、まんがいちを考えて口にしていなかったものです。

東京の人たちは度胸があるなぁ、と思いました。



これじゃ感染者が増えるのは当たり前だ

マッサージ店の女性が客引きをしています。どうも普通のマッサージ店ではなさそうです。早い時間からふらふらと入って行く男性客の姿があります。

ドアが半分開いたカラオケスナックは満席でした。

これじゃ感染者が増えるのは当たり前だと思いました。

コンビニもマスク無しでOK!?

私はだんだん怖くなってきたので、コンビニで弁当だけ買ってホテルの部屋に戻ることにしました。

コンビニにもマスクをせずに入ってくる客がいて驚きました。パタヤのコンビニならマスクをしていなければ店に入れてもらえません。しかも入り口で体温を測り、手にアルコールをつけてから入店です。

恐ろしくなったのでコンビニも急いで出ました。



タイが大袈裟過ぎるのか、日本が無防備なのか

タイが大袈裟過ぎるのか、日本が無防備なのかは分かりません。でも私はタイのやり方にすっかり慣れてしまったので、東京にいると恐ろしく感じます。

部屋に戻ってすぐに石鹸で手をよく洗い、アルコールで消毒しました。コンビニ弁当の容器もアルコールで拭きました。私の前に誰が触ったか分かりません。このホテルのエレベーターのボタンも私の前に誰が触れたか分かりません。

私はなんのために東京で隔離されているのか

厚生労働省によると、私は「コロナ感染が特に多い国からの帰国者なので、日本に住む人にコロナを移さないように不要不急の外出を避け15日間の自主隔離を要請されている」立場の人なのです。

でも東京では6日連続で100人以上の感染者が出ています。

コロナウィルスがほぼいないタイから帰国して、コロナ検査で陰性が判明した私のほうがコロナに感染している率は極めて低いのです。



厚生労働省の指示に従うしかない

このまま東京にいるとかえって感染するリスクが高いですが厚生労働省の指示に従うしかありません。要請に従わない場合は罰せられると脅かされました。

これからの2週間は日本に住む人にコロナを移さないための隔離ではなく、日本に住む人からコロナを移されないようにするための隔離になりそうです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*