タイの両替所で写真付きのIDカードが必要

こんにちわ。かぶとたいぞうです。

先日、タイ、パタヤの両替所で、いつものように日本円をタイバーツに両替しようと思って日本円を出したら、「ID card」と言われました。IDカード、身分証明書を見せろと言うのです。

今までタイを旅して何回も両替所を利用しましたが、身分証明書を見せろと言われたのは初めてでした。



「パスポートは部屋に置いてきた」などと対抗してみましたが、全く通用しませんでした。IDカードが無ければ両替はできないの一点張りです。

一万円をひっこめ、千円札を取り出し、これならどうだと言ってみましたが、やはりだめでした。



両替をするにもパスポートが必要?

仕方がないので、ホテルに戻り、セイフティーからパスポートを取り出して両替所に戻りました。こんどは両替ができました。

でも良く考えると、前の日は同じ両替所で、ID無しで両替ができていました。

試しに、別の両替所で両替をしてみましたら、IDを見せろとは言われませんでした。

常にIDカードを見せろと言われるわけでは無いようです。

その後、いろいろなところで両替をしてみましたが、IDカードを見せろと言われる時と言われない時があります。

あとで聞いた話ですが、最近タイではニセ札が出回っているようで、チェックが厳しくなったようです。

パスポートを常に持ち歩くのは物騒なので、ためしに別のIDを出してみました。スキューバーダイビングのダイバーIDです。


顔写真のついたIDカードならパスポートでなくてもOK

スキューバのライセンスIDでもOKでした。顔写真の付いたIDなら何でもいいようです。

今までIDカードを持ち歩く習慣が無かったのですが、タイでは今後、常にIDカードを持っていたほうがいいようです。不意に両替をしなければならない時もあるからです。

パスポート以外のIDカードをお持ちでない人は、この機会に何でもいいから、顔写真つきのIDカードを作って、それを常に持って歩いたほうがいいかもしれませんね。

備えあれば憂いなし。
ごきげんよう。


【関連性の高い記事】
タイのリタイアメントビザを取得する
タイの銀行に口座を開設成功:カシコンバンク
海外の両替所の表示からYENの文字が消えた
パタヤで生鮮食品を買う
タイでの生活費

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*