【米国株】ハイテク株暴落を尻目に、地味なGISゼネラル・ミルズを39ドルで買い足した

かぶとたいぞうです。

今週の米国株式市場は予想通り荒れました。特にハイテク株が多いナスダック市場で株価が思いっきり下がりました。





ナスダック暴落の原因はFANG、FAAMGなどハイテク株の暴落

  • フェイスブック
  • アマゾン
  • ネットフリックス
  • グーグル

からなるFANG、あるいは、ネットフリックスに代わりに

  • アップル
  • マイクロソフト

を加えたFAAMGと呼ばれているハイテク企業群の株が暴落しています。

FAMMGと呼ばれる企業群

これらハイテク株に全力投資している人たちが、右往左往しながら狼狽売りしているようです。

いっぽう、ハイテク株には最初からまったく手を出していない私は無傷です。

【関連性の高い記事】

私は食品、医薬品など、生活に欠かせないもの、世の中から無くならないもの、など地味な銘柄にしか手を出していません。それらの株は暴騰もしない代わりに暴落もしないのです。

【関連性の高い記事】

GISゼネラル・ミルズを39ドルでさらに買い足した

今週はGISゼネラル・ミルズを2回、計200株買い足すことができました。

まず、12月5日に41.1ドルで100株買い足したことは過日のブログ投稿で紹介しました。

【関連性の高い記事】

そして、12月8日にも39ドルで100株買い足すことができました。

過日のブログにも書きましたが、ゼネラル・ミルズは地味だけど健全な優良企業です。株価が下がっているのは一時的なことで、きっと回復します。まったく心配はありません。

むしろ安くなったおかげでたくさん買い足すことができて嬉しい限りです。

39ドルで買った時の税引後配当率は3.61%にもなります。

もっと安くなればもっと買います。



米国株が暴落すればチャンスとみてもっと買い足す

今年はもうわずかしかありませんが、12月の米国株式市場はもう1波乱も2波乱もありそうです。毎日がワクワクです。

ハイテク株に引きずられて地味で健全な株も一緒に下がれば、絶好のチャンスです。その時は果敢に買い増します。

長期投資家である私には、短期的な株の上がり下がりは関係ありません。しかし割安な時に大量に買うことができれば、それだけ多くの株数を持つことができるので配当も増えるのです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*