ベランダ菜園でパクチー(コリアンダー)を育てるコツ:yutube動画あり

かぶとたいぞうです。

今日はベランダ菜園で簡単にパクチー(コリアンダー)を育てるコツをお伝えします。



人気のコリアンダーがベランダ菜園のプランターで簡単に収穫できる

タイ語ではパクチー、英語ではコリアンダー、同じものです。セリ科の1年草で独特の香りが特徴です。タイではスープに入れたり、炒め物に入れたりしますが、日本ではサラダとして生で食べるのが流行っているようです。

種をひいたものは香辛料としても使います。この場合はコリアンダーと呼ぶことが多いです。スープや煮込み料理、カレーにも入れます。私が作る本格カレーにも、クミン、ターメリックなどと共にコリアンダーもたっぷり入れます。

このパクチーですが、ベランダ菜園で簡単にできてしまいます。

私はパクチー栽培は今年まだ2年目なので、とてもベテランとは言えません。でも、コツをつかんで去年より多く収穫できるようになりました。去年は小さな植木鉢で栽培したのがダメでした。少し大きめのプランターに3株程度、スペースに余裕を持たせるのがコツです。

パクチーのベランダ栽培、コツ中のコツ、ポイント列挙

  • タネは浸水して芽を出す(自分で収穫したタネは発芽率が低い)
  • 芽が出たら、少し室内で大きくする
  • 大きくなったものだけ、プランター移植する
  • プランターには水はけの良い土を使う
  • まだ寒ければ、サランラップなどで保温する(空気穴必要)
  • 芽が育ってきたらどんどん間引く
  • 中くらいのプランターなら3株程度まで減らし、スペースに余裕をもたせる
  • 水は頻繁にあげてよい、ただし下皿は付けない
  • 先のほうの、葉の細くなった部分をどんどん収穫する
  • 収穫すればするほど、また葉が増える
  • 花を放置して来年用の実(タネ)を収穫する
  • 自分で収穫したタネは発芽率が低いので、来年用に多めにとる


パクチーの育て方、コツとポイントをyutubeにアップしました

自分のオフィスで育てている最中のパクチーの動画を実際に撮って、yutubeにアップしてみました。2分ちょっとの短い動画です。ごらんください。

下のリンクからYUTUBEの「カブとタイ」のチャンネルに飛び、画面右側の「チャンネル登録」をクリックしてください。今後も続々アップする予定の「カブとタイ」の動画に、簡単にアクセスできます。

→YUTUBE:カブとタイのチャンネル

パクチーは一気に葉が増え、次々と大量に収穫できます。こんなに採れるのなら日本で「パクチーの大盛り」が流行るのもうなずけます。

【関連性の高い記事】

お役に立ちましたら幸いです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*