スマホやパソコンの急な故障に備えて大事なデータはGoogleドライブに保存

かぶとたいぞうです。

今回はタイでスマホが突然壊れて大変な目にあいました。

【関連性の高い記事】

以前も使っていたパソコンの本体のハードディスクが突然クラッシュ(故障)して大変な目にあったことがあります。



大事なデータはクラウドに保存か

そういう思いをする度に、「大事なデータはローカル側(自分のスマホやパソコンの中)に入れておかずにクラウド(インターネット上のどこかのサーバー)に保存しておいた方がいいのではないか」と思うのですが、まだ躊躇していました。

クラウドの安全性は?データの漏洩はないか

大事なデータが漏洩するのではないかという心配があったからです。

大事なデータの中にはネット銀行を含めたいろいろなサイトのログインIDやパスワードも入っています。

今回私はスマホが完全に使えなくなる直前に、それら大事なデータをGoogleドライブにアップしたので大丈夫でしたが、万が一、水没や破壊でいきなり使えなくなった時はどうすればいいのでしょうか。



スマホの突然の故障を考えるとすべてクラウドへ

私はいろいろ考えた結果、大事なデータもすべてGoogleドライブなどのクラウドで保存することにしました。

今までスマホのメモアプリを使ってちょとしたメモなどを記録していたのですが、今回のスマホの故障でそのメモが見られなくなってしまいました。そのメモアプリはデータをSDメモリではなく、スマホ本体のメモリにしか記録できないものでした。

消えてしまった小説の構想メモ

私は小説を書こうと思ってそのメモアプリに構想をメモしていたのです。それが見れなくなってしまいました。

今後は「To do」や買い物メモなど、ちょっとした一時的なメモだけメモアプリを活用します。それ以外の少しでも大事な内容のメモなどもクラウドで保存することにします。



Googleドライブはオフラインでも使える

Googleドライブはかなり前から使っていましたが、インターネットに繋がっている時しか使えないものと思っていました。それがいつ進化したのか分かりませんが、今ではインターネットに繋がっていない時でも編集できるようになっているのです。

知っていた人は「今さら」と思うかもしれませんが、私は今回の件でいろいろ調べて初めて知りました。

Googleドライブのオフライン使用方法

使い方は簡単です。インターネットに繋がっている時にGoogleドライブを開き、特定のファイルの名前の右側の•••マークを選んで「オフラインでも使えるようにする」を選ぶだけです。

そうするとそのファイルがローカル側にダウンロードされてインターネットに繋がっていない時でも編集可能になります。書き足したり修正したりできるのです。そして再びWIFIなどを通じてインターネットに繋がった時に自動的にサーバー側のファイルの内容も書き変わる(自動同期される)のです。

とても便利です。これでもう突然スマホやパソコンが使えなくなっても修復可能です。



今までGoogleドライブを使ったことがない人は

Googleドライブを初めて使う人は、まずGoogleドライブを起動して(アプリがないならGooglePlayからダウンロードして)、Googleドライブの画面で+マークを選んで新規にドキュメントを作ります。タイトルを適当に入力して内容は白紙でOK です。

これを上記の通り▪▪▪マークでオフラインで使えるようにすればいいのです。飛行機の中でも編集できます。

これからは大事なデータはクラウドへ

大事なデータをクラウドに保管するのは心配です。しかし、スマホやパソコンが突然壊れることの方がもっと心配だし実際に起こる可能性が高いのです。

もうすでにアマゾンにもGoogleにも自分のクレジット情報を教えてしまっているのです。データの漏洩を気にしていたら今の時代はホテルの予約すらできないのです。

ある程度大きくて信用できる企業であれば、大事な情報を預けてもいいと思うしかないと思います。



老後のために仕組みを単純化しておく

それと、今はまだ若くて頭が回りますが、年をとると頭が回らなくなります。その時のために今からすべてのシステムを単純にしておいた方がいいと思います。

大事なメモはすべてGoogleドライブに自動同期される。自分が死んだときのために家族にだけGoogleのパスワードを教えておく。これでいいと思います。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*