グーグルアドセンス(Google AdSense)、2019年2月の収入

かぶとたいぞうです。

このブログにグーグルアドセンス広告を載せて8ヶ月目となりました。今月も収入などをご報告します。



そもそもグーグルアドセンスとは

グーグルアドセンス広告とは、はやく言えば、ブログに広告を載せて広告料を稼ぐ仕組みです。

詳しくは次の過去記事をご覧ください。

【関連性の高い記事】



2019年1月の広告収入、クリック数、クリック単価

2018年6月25日から広告を掲載しはじめましたので、毎月25日~翌24日までの1ヶ月で集計しています。

収入 クリック 単価
7月 352円 3回 117円
8月 287円 7回 41円
9月 1,548円 33回 47円
10月 1,194円 27回 42円
11月 3,023円 73回 41円
12月 3,261円 83回 39円
1月 4,259円 144回 29円
2月 5,389円 210回 25円

 

今月も、収入、クリック数、ともに伸びています。クリック単価はだんだん下がってきています。

クリック単価に関しては、最初の頃が高かっただけで、今が普通なのかなと思っています。

広告を掲載する場所(ページ内の位置)による広告効果をランキング(順位)でまとめてみました。。



広告掲載場所別のクリック数ランキング

  1. ページの下のほうに関連コンテンツ(前回も1位)
  2. ページの一番上(前回3位)
  3. 本文の一番下(前回2位)
  4. 本文の中間(前回も4位)

広告掲載場所別の広告収入ランキング

  1. ページの下のほうに関連コンテンツ(前回は3位)
  2. ページの一番上(前回も2位)
  3. 本文の一番下(前回4位)
  4. 本文の中間(前回3位)


広告掲載場所と効果の分析

今月はクリック数も広告収入も関連コンテンツがダントツでした。やはり関連コンテンツはクリックされやすいようです。

第2位はクリック数、広告収入ともページの一番上でした。

広告は一番上と一番下が効果的なのかもしれません。

【関連性の高い記事】

1月のPV(ページビュー)と検索結果からの訪問数

PV(ページビュー)などの実数はグーグルアドセンス規定で発表してはならないことになっています。だから、おおよその数だけを下の表にまとめます。

  • 検索=1日あたりの「検索からの訪問」件数
  • PV=1日あたりのおおよそのページビュー数
記事数 検索 PV
7月 80 2.4件 10-20
8月 110 9.8件 30-50
9月 134 45.1件 100-120
10月 161 60件 140-180
11月 190 85件 240-280
12月 221 97件 300-350
1月 253 123件 300-360
2月 285 198件 500-580

検索からの訪問が増えました。うれしいことです。また、ユニークIPの1日平均も初めて200を越えました。先月は130、先々月は100程度でした。

検索からの訪問が増えたことに関して、最近気にかけているのは次の3点です。

  • なるべく検索しやすいキーワードをタイトルに入れる
  • タイトルにはキーワードを複数(3つくらい)入れる
  • H2見出しにもキーワードを入れる

1つの記事で爆発的に読まれているものは1つも無く、多くの記事が少しずつ読まれています。y軸に記事ごとのPV、x軸にPVの多い順に記事をならべると、PVカーブはまさに「ロングテール」の状態になります。

ということは、今後も単純に記事数を増やせば増やすほどPVは増えると思います。

試しにエクセルで経過月をx軸にして、記事数の伸びとPVの伸びをグラフにしてみました。どうも、記事数が増えると、PVは記事数の伸び以上に増えるようです。

記事数とPVの関係

もしかしたら、記事数のべき乗でPVが加速度的に伸びるのかもしれません。見やすいように今度は記事数をx軸にしてy軸にPVを表現してみました。

記事数をx軸にしてPVの変化を見る

グラフを見たところ線の勾配(角度)が急になっただけで、二次曲線(放物線)を描いているとまでは言い切れません。たまたま今月の伸びが大きいだけで、記事数とPVの関係は正比例なのかもしれません。

ただ、いずれにしても記事数が増えればPVが増えることは確かです。

記事数とPVの関係は興味深いので今後も分析してみます。

これからもみなさんのお役に立てるよう、いい記事を書きますのでよろしくお願いします。

ごきげんよう。



【関連性の高い記事】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*