帰国準備万端、昨夜はパタヤの食堂で私のお別れ会

かぶとたいぞうです。

日本に帰国すると決意したら、あっという間に準備が整いました。

【関連性の高い記事】



長かったパタヤ生活

昨年の10月にパタヤに到着してから今月で9ヶ月目。結構長かったです。

食器や掃除道具など生活用品も増えました。

昨夜はパタヤのローカル食堂でお別れ会

昨夜はいつも行く近所のローカル食堂で、私のお別れ会を行ないました。

やはり近所に住むフィンランド人の誕生日会と合同主催で費用を折半し、盛大にパーティーをしました。

パーティー:kabutotai.net



近所の人たちに大盤振る舞い

パタヤはいまコロナ禍でお金に困っている人が多く、庶民はなかなか飲みに出られません。

そこでそのフィンランド人と相談して、みんなに腹いっぱい食べてもらって、とことん飲んでもらおうということで意見が一致したのです。食堂のご主人も前日から張り切ってごちそうを準備してくれました。

いいお金の使い方をしたと思っている

私としては大きな出費でしたが、変なところで変なお金の使い方をするよりはよっぽどいい使い方をしたと満足しています。

私の数少ない日本人の友人にも来てもらいました。「手ぶらで来てくださいね」と事前に言っておきました。下手に何か持ってこられたら、地元のタイ人たちが「自分は何も持ってこなかった」と恐縮するからです。



20人以上集まって盛り上がったパーティー

18:30くらいから徐々に人が集まり20:00くらいには20人以上のパーティーになりました。

パーティー:kabutotai.net

盛り上がってきたところでバースデーケーキが登場。フィンランド人用のケーキだと思ったら、もう一つ私のケーキも出てきました。

4月にできなかった私の誕生日も

私の誕生日は4月でしたが当時は酒類販売禁止令のまっただ中。食堂も閉鎖されて私の誕生日はできなかったのです。

それで私の誕生日も一緒に祝ってくれたのでした。

感激して涙が出そうになりました。



深夜まで続いたパーティー

12:00くらいにはほとんどの人が帰りましたが、フィンランド人と私の他に数人が残っていて、結局お開きは午前1時くらいだったと思います。

フィンランド人ももうすぐ帰国です。思えばこの数カ月、夜間外出禁止令に酒販売禁止令、食堂閉鎖と窮屈な思いをしてきました。やっと夜遅くまで酒が飲める自由を噛み締ながら深酒をしてしまいました。

今度いつタイに戻ってこれるのか

今度いつタイに戻ってこれるか分かりませんが、戻ってきたらまたこの食堂でパーティーをやりたいです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*