タイで一番おいしい魚、シーバス?スズキ?、バカボン買う

かぶとたいぞうです。

タイでできた友人たちと酒を飲みながら楽しく雑談していた時のこと。食べ物の話になりました。そこで、前から知りたかった、ある魚の名前を聞きました。タイで発見した私のお気に入りの魚です。タイ語で何と言うのか知りたかったのです。

パタヤの友人たち





タオ島で初めて食べた美味しい魚

その魚というのは、以前サムイ島に行った時、ついでに沖のタオ島まで遠征したのですが、その時にタオ島のレストランで初めて食べた、とても美味しい魚です。

最初は見た目がグレーで美味しくなさそうだったので避けていました。代わりに鯛のような形をした平たい魚や、赤い魚などをいつも食べていました。

ところが、タオ島でいつも利用していたレストランの若いお兄さんが、毎回そのグレーの魚をすすめるのです。「アロイ、アロイ(美味しい、美味しい)」と。

あまりにも熱心にすすめるので騙されたつもりで1度食べてみたら、これが確かに美味いのです。今までタイで食べたどの魚より美味しかったのです。

その魚は「スズキ」、「シーバス」だと言う

以来、私のお気に入りの魚になりました。若いお兄さんの話だと、日本の「スズキ」と同じ種類だ、英語で言えば「シーバス」だと言うのです。

その後も意識して見ていると、この魚はどこの市場やスーパーマケットでも売っていることが多いです。他の魚よりは少し高いです。タイでも人気の魚のようです。パタヤの市場にも売っていましたし、トップスマーケットにもありました。

タイでできた友人ソンブンに、さっそくこの魚の名前を聞いてみました。どう説明したらいいか。まず「シーバス」と言ってみました。

ソンブンが言うにはシーバスにも何種類かあると言うのです。それで私は、手で大きさと形を示し、「グレー、グレー」と説明しました。さらに見た目は美味しくなさそうだけど、食べるとめちゃうまいことを説明しました。

頭のいいソンブンは思い当たる魚の写真をスマホで検索し始めました。そして私に魚の写真を見せ、「これ?」と聞きました。

タイのスズキ

「これ、これ!」。まさにこれです。

するとソンブンは「バカボン買う」と言い出しました。



バカボン買う?

私が不思議そうな顔でソンブンの顔を見ていると、この魚の名前は「バカボンカウ」だ、と言うのです。

覚えやすい!、実に覚えやすい!

何回も聞きましたら、「バカボンカウ」とも「バカホンカウ」とも聞こえます。でも私が「バカボン買う?」と聞くと、そうだと言うので「バカボン買う」で通じます。

私の一番好きなタイの魚です。美味しいし覚えやすい名前です。

見た目を嫌ってまだ一度も食べてない人がいらっしゃいましたら、ぜひ一度、騙されたと思ってチャレンジしてみてください。絶対におすすめです。

「バカボン買う」と言えば、たぶん市場でもレストランでも通じます。

電子レンジでも簡単調理

私は今回もパタヤのトップスマーケットでパック入りのを買って、電子レンジで調理して食べました。腹は取ってありましたので、頭と尻尾の2つに切って、塩を軽く振って、電子レンジでよく加熱し、醤油を少しかければ出来上がり。

焼くよりレンジの方が中まで加熱され、蒸し焼きのようになるのでいいと思います。簡単でとても美味しいです。レストランで食べたらけっこう高いので、部屋に電子レンジがある人にはおすすめの方法です。

お金のある人はレストランでどうぞ。グリル(タイだとバーベキュー)がおすすめです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*