5/3、コロナ規制緩和初日のパタヤビーチとパタヤの街を歩く

かぶとたいぞうです。

こちらタイでは武漢コロナ対策が徹底しており、感染者増加数もかなり抑え込むことができました。



パタヤではもう9日連続で新規感染者ゼロ

タイ全土でも1日当たりの新規感染者数は数人です。パタヤのあるチョンブリー県ではもう連続9日間も新規感染者は出ていません。

思わしい結果が出たのでタイ政府は徐々にコロナ規制を緩和し始めました。まず今日5/3より次の6つの規制が緩和されました。

今日からタイで解禁された6つのビジネス

  1. ショッピングモール以外の飲食店
  2. 食品などの販売店
  3. ショッピングモール内のフードコート
  4. 公園、ゴルフ場、スポーツ施設(ビーチに関しては保留)
  5. 理美容室(カットのみ)
  6. ペットサロン、ペットショップ

この内、2.の食品販売店は以前から許可されていたので、大きくは食堂やレストラン、ゴルフ場やスポーツ施設、床屋と美容院、ペット関連が新たに解禁されたと言うことです。



酒の販売も今日からOK

それとは別に「急転直下」に今日から酒類の販売が解禁となりました。

【関連性の高い記事】

私にはこちらのほうがビッグニュースです。

ただし、飲食店での酒の提供は引き続きダメ

ただし、今日から酒を買うことはできますが、レストランなど飲食店での酒の提供は引き続き禁止です。

さて、今日は規制緩和初日のパタヤビーチとセカンドロード、ソイ・ブッカオを歩いてきました。

道中、テーブル、椅子付きの屋台が久しぶりに復活していました。



復活した座れる屋台店

座れる屋台:kabutotai.net

同じ屋台でも、これら座れる屋台は食堂とみなされ、今まで営業はできませんでした。

パタヤビーチに到着しました。ビーチには誰もいません。ビーチ沿いの遊歩道も閑散としています。

誰もいないパタヤビーチ

今回の規制緩和で公園の利用を解禁したタイ政府でしたが、チョンブリー県はビーチの立ち入りに関しては未だに保留です。ビーチを利用してもいい、ともダメだ、とも言っていません。

保留ということは厳密には立入禁止を解除していないと解釈したほうが無難です。

ついこのあいだ、立入禁止を無視して23人の逮捕者が出たばかりですから、ビーチには誰も近寄らないのかもしれません。

【関連性の高い記事】

私は今日、試しにパタヤビーチの端から端まで歩いてみました。



セントラルフェスティバル付近のビーチロードには人がいた

セントラルフェスティバル(センタン)付近まで来ると、けっこう遊歩道にも人が出ていました。

規制緩和初日のパタヤビーチ:kabutotai.net

いわゆる「立っている人」もわずかながらいました。

パタヤビーチの厳しい取り締まりは無かった

パタヤ警察は今のところ、ビーチの立入禁止に関しては保留状態です。しかし少なくとも今日歩いた感じでは、以前のような厳しい取り締まりはしていないようです。今日はたまたまかもしれませんが。

ソイ1のホリディーインまで歩いてセンタンまで戻り、センタン地下のトップスマーケットに行ってみました。



規制緩和後のセントラルフェスティバル(センタン)

センタンの地下は食品のテイクアウトとスーパーしか開いていませんでいた。フードコートも営業できることになったはずですが、まだ開けていませんでした。

スーパーは混んでいました。私は行ったついでに納豆、蕎麦、梅干しなどの日本食材を買いました。

センタンの裏から出てしばらくセカンドロードを歩きましたが、時々やっているのは喫茶店だけ。ロードサイドのレストランはどこも閉まっていました。

解禁初日だからなのか、それとも今日が日曜日だからなのか。

ソイ13あたりの「パタヤアベニュー」からソイ・ブッカオに抜けました。アベニューに入っている私の好きな「DIYショップ」(100均のような店)は未だ閉まっていました。

ソイ・ブッカオもレストランは開いておらず

ソイ・ブッカオもたまに空いているのは喫茶店と床屋だけ。路面店のレストランはほとんど閉まったままです。

なぜ解禁されたのにレストランは閉まったままなのか。考えられることは、

  • しばらく休んでいたので、急には開けられない
  • 従業員を解雇してしまったので、これから人を採用しなければならない
  • もう諦めて閉店(倒産)した
  • テイクアウト専門の店とか、デリバリー専門とか八百屋とかに商売替えした
  • レストランだけ開けても酒が出せないなら客が来ないから、レストランでの酒の提供が解禁となるまで店は再開しない
  • 外国人観光客が来ないと儲からないので、タイが鎖国を解除しない限り店は再開しない

などなどです。



飲食店と酒がセットでないと活気は取り戻せないか

レストラン解禁で活気を取り戻したパタヤの街を期待していただけに、少し寂しい感じです。規制を長く続けると爪痕が残るのですね。

散歩を終えてアパートの前まで戻って来たら午後5時を過ぎていました。今日から酒が買えるはずです。

コンビニでビールが買えた

近くのファミリーマートで試しにビールを買ってみました。ちゃんと買えました。嬉しいです。

今日はこれから久しぶりのビールを飲んでひとり祝杯を上げます。タイの酒類販売再開を祝して。

規制の爪痕の残るパタヤですが、感染者が途絶えたのだから、これからは少しずつ復興するでしょう。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*