昨日2/29タイ気象庁が夏入りを宣言、急に暑くなったパタヤ

かぶとたいぞうです。

ここパタヤは昨日あたりから急に暑くなりました。いつもはめったにエアコンを入れない私ですが、昨夜はエアコン無しでは眠れませんでした。



昨日、タイの気象庁が夏入り宣言

ずいぶん暑いなと思っていたら、案の定、タイの気象庁は昨日2月29日に夏入りを宣言していました。

タイの気候、一年間の気温の推移

タイは常夏の国ですが、特に雨期前の4月あたりが1年の中で一番暑くなります。

例年3月上旬から次第に暑くなり、4月の半ばには暑さのピークに達します。この時期にタイ全土でソンクラン(水掛け祭)が行われます。あまりにも暑いのでお互いに水を掛け合うのです。

そして5月あたりから時々雨がふり、過ごしやすくなっていきます。6月に入ると大量の雨がふり、一気に涼しくなります。



タイの気象庁は毎年「夏入り」を宣言する

タイの気象庁は毎年この時期になると気温などのデータをもとに「夏入り宣言」をします。日本で言うと「海開き」みたいなものでしょうか。

去年2019年は2月21日、一昨年2018年は3月5日が「夏入り」でした。今年は例年並みのようです。

今(3月1日15:09)のパタヤの気温

パタヤは夏入り宣言:kabutotai.net

たった今の気温です。午後3時で31度、体感気温36度ですから、「日曜の気だるい午後」って感じです。



パタヤは今まで涼しかったので暑く感じる

パタヤは今まで涼しかったので、これくらいの気温でも暑く感じます。

しかしこれからはもっともっと暑くなります。そして4月に入ると気温が40度を超える日が続きます。

冬のパタヤと夏の札幌は天国

いくら暑いのが好きな私でも4月のパタヤの暑さには閉口します。地獄の暑さです。その後の雨期もジメジメして嫌です。

逆に春から夏にかけての札幌はカラッとして涼しく、快適です。6月の花が咲き乱れる札幌はまさに天国です。7月〜8月の札幌も心地よい暑さです。



夏は札幌、冬はパタヤで暮らす贅沢

私が夏は札幌、冬はパタヤで生活する所以です。

特にお金を使った贅沢をする必要はありません。夏は札幌郊外の自然を楽しみ、冬はパタヤビーチを散歩する。たったそれだけで充分幸せを感じます。

自然を満喫する以上の贅沢はありません。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*