パタヤでバイク免許を新規取得1~準備と1回目の試験所訪問

かぶとたいぞうです。

タイのリタイアメントビザが取れたので、今度はタイのバイクの免許を取ろうと思いました。

【最新】タイのリタイアメントビザ申請、成功裏に受理。健康保険加入義務付け無し



タイでバイクの免許を取ろうと思った理由は、タイでバイクを乗りたいからではありません。日本で乗りたいからです。



日本で小型自動二輪を乗るためにタイで免許をとる

日本にいる間、買い物などのチョイ乗り用に小型自動二輪を乗りたかったのです。普通免許があればそのうちに小型自動二輪も乗れるよう制度改正があるかもしれないという噂が以前からありましたが、なかなかそうならず、待てません。原付ではかえって危険です。だから小型自動二輪の免許が欲しかったのです。

でも、日本で小型自動二輪の免許を取ると高いです。普通免許を持っている人でオートマチックの場合でも8万円くらいはかかるようです。

タイだと数千円で自動二輪の免許が取れる

タイだと数千円で取れそうです。しかもタイで取った自動二輪の免許は日本の自動二輪の免許に切り替えることが出来ます。

それでタイで自動二輪の免許を取ろうと思ったのです。免許を取ってもタイでは練習程度、あるいはたまのドライブくらいしか乗らないつもりです。タイのドライバーは交通マナーが悪いので恐いです。

因みに日本の普通免許を国際免許にして持ってきてタイの自動二輪免許申請に添付すれば、講習(ビデを見る時間)を免除されますが、私はそうしませんでした。ビデオはむしろ見ておきたいし、試験が免除されるわけではないからです。国際免許をとる手間と費用を考えると割に合いません。



タイで自動二輪(バイク)の免許をとるのに必要なもの

タイで自動二輪の免許をとる場合、次のものが必要です。

  • パスポート
  • パスポートの必要ページのコピー
  • 居住証明書
  • 健康診断書
  • 申請料530バーツ

居住証明書はイミグレーションで取ります。私の場合はリタイアメントビザの受け取りの時についでに取ってきました。リタイアメントビザの受け取りには30分しか待たされませんでしたが、居住証明書の受取には2時間以上待たされました。

居住証明書の申請に必要なもの

居住証明書の申請に必要なものは

  • アパートのオーナーとの賃貸契約書、またはホテルの支払書と名刺など
  • パスポート
  • パスポートの必要ページのコピー
  • 写真4*6cm2枚
  • 申請料300バーツ

です。

健康診断書は近所のクリニックで100バーツで作ってもらいました。「paper for driving license」と言ったら5分で作ってくれました。パスポートが必要です。



書類がそろったので今朝試験所に行ってきた

さて、それらの書類がすべてそろったので今朝、運転免許試験所へ行って参りました。

パタヤの運転免許試験所(=陸運局=バンラムン)はかなり遠いです。下の地図の赤マーク「バンラムン」がそうです。

バイクの免許取得kabutotai.net

パタヤの運転免許試験所までの移動はバイクタクシー

私は色々迷ったあげく、バイクタクシーで行くことにしました。知り合いのバイクタクシーに早朝アパートまで来てもらい試験所まで載せてもらいます。

バイクタクシーにはいったん帰ってもらい、試験の1日の工程が終了したらそのバイクタクシーの運転手に電話をし、迎えに来てもらいます。

バイクタクシーは2往復しなければなりません。結構大変ですが友達価格でやってもらいました。



8:00前には運転免許試験所に到着

今朝は6時に起きて、バイクタクシーに乗ったのは7:20。バンラムンの運転免許試験所には8時前には到着しました。

バイクの免許取得kabutotai.net

到着したときはまだ建物の入り口が開いてないのに既に大勢の人が並んでいました。入り口で係員が番号券を配っていたのでいち早くもらいました。35番でした。

番号券をもらってからパスポートのコピー

その後敷地を出て道路の反対側のコピー屋さんでパスポートの必要ページをコピーしてもらい、また建物の入口に戻ってきました。

けっこう混んでましたが、こんなに早く来たんだからどうにかなるだろうと思っていました。

しばらくして建物の入口のドアが開き、係員に誘導されて中に入りました。

バイクの免許取得kabutotai.net

私の番号券には11番カウンターの35番と書かれています。11番カウンターは2階ですが、1階の電光掲示板に自分の番号が表示されてから2階へ行くように言われました。それ程混んでいるのです。



待つこと2時間

待つこと2時間。10時過ぎにやっと電光掲示板に35番が表示されました。私は勇んで2階に上がっていきました。

2階に上がるとすぐに11番と書かれた机があり、書類一式を渡すと女性の係員がテキパキと書類をまとめて1番上に黄色い紙をホチキス留めして私に返しました。

このまま書類を持って次の工程に進むのだろうなと思っていた私に、係りの女性が信じられないことを告げました。

12月12日に来なさい

「12月12日に来なさい」

「・・・」

私の聞き間違いかと思い、「12時にまた来ればいいのですか?」と聞き返しました。

すると女性の係員は鉄仮面のような顔を私に向けて

「ここに12月12日と書いてある」と黄色い紙を指差しました。

よく見ると「次回12月12日8:00」と書いています。

私が「え!?10日も後なんですか?」と言うと、鉄仮面のような顔がみるみるうちに大魔神の顔になり、

「何日後か知らない。そこに書いてある日だ。それとも来年にしようか?」



運転免許申請者が多すぎて殺気立つ試験所

この人とはこれ以上話さないほうがいいと思った私は書類一式を受け取ってそそくさと階段を降りてきました。

ハイシーズンだからなのか外国人の免許申請が余りにも多く、係りの人も殺気立っているに違いありません。

かくして私は今日、次回のアポイントだけもらってまたバイクタクシーを呼んでパタヤに帰るのでした。

バイクの試験の話はまた後日ということで。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*