【東京隔離生活】私は東京に来てコロナに感染したんじゃないかと思う

かぶとたいぞうです。

タイから帰国し、東京で隔離生活をしています。本当はすぐにでも札幌に帰りたいのですが、厚生労働省の指導で東京のホテルに15泊させられています。



東京のコロナに対する無防備に愕然とした

隔離生活を始めた当初は、東京の様子を見て愕然としました。マスクもしないで飲み歩いたり、マスク無しでスーパーやコンビニに入ってくる人がいたからです。

【関連性の高い記事】

何のための帰国者隔離か

これじゃ日本に住んでいる人にコロナを移さないための隔離じゃなく、日本に住んでいる人から私がコロナを移されないようにするための隔離だと覚悟しました。そしてなるべく外に出ないようにしました。

しかしホテルの部屋でじっとしているのは死ぬほど辛いです。運動をしていないので夜も眠れません。体の調子が悪いです。



外出することにした

本当は散歩も自粛しなければならないのでしょうが、ここ2日くらいはマスクをして外の道を歩いています。

コロナ感染:kabutotai.net

帰国直後の説明会で厚生労働省の係員から「保健所から毎日電話がくるので毎日体温を測って報告してください」と言われました。

係員に体温計を持っていない旨告げると「薬局やドラッグストアに売っているので買ってください」と言われました。

外出するのは体温計を買うため

ホテルの近くのドラッグストアに体温計を買いに行きましたが、売り切れと言われました。他もあたりましたが既に5件のドラッグストアで売り切れと言われました。

いっぽう保健所からはただの一度も電話がかかって来ません。電話番号は間違いなく伝えてあります。

私の頭の中では、厚生労働省に体温計を買うよう言われたのでやむなく外出しているのであって「不要不急の外出」ではない、という言い訳ができています。いったい誰に向かっての言い訳なのか自分でも分かりませんが。



外出すると驚くべき光景が

(体温計を買うために)外出していると、いろいろな光景が目に飛び込んできます。

昼時にとんかつ屋の前に行列ができていました。びっしり密着して並んでいます。パタヤなら警察が出動するレベルです。

商店街で惣菜が売られていました。マスクをしていないおじいさんが惣菜を選びながら咳をしていました。

ショッピングモールの中に入っているスーパーマーケットがタイムセールをやっていて激混みでした。マスクをしていない客もいました。

おそらく東京のほとんどの人はコロナに感染しているのでは

家に閉じこもっている人や充分な対策を講じている人をのぞいて、おそらく私の目に映る東京のほとんどの人は既に新型コロナに感染しているのではないでしょうか。1日200人以上の新規感染者が出ている街にしては無防備過ぎます。



コロナ対策に関して、東京はパタヤとは大違い

私がパタヤに住んでいた頃は、スーパーマーケットに入店するにも体温を測られ、アルコールを手にかけられ、入り口で名前と電話番号を書かされてようやく入店できました。マスクをしていない客は問答無用で帰されます。

電話番号を書かされるのは、その店でコロナが発生したら一斉に連絡して全員にコロナ検査を受けさせるためです。電話番号を毎回書くのが面倒な人はラインアプリに登録します。

タイのやり方が良いかどうかは分かりませんが、東京はパタヤとは大違いです。

それでも私は念を入れて加熱したものだけを食べていた

そのような厳格な体制下でも私は常に野菜や肉などの素材を買って来て毎日自分の部屋で料理をしていました。コロナは加熱で死ぬからです。

東京に着いた初日に夜の街で刺し身や寿司を食べている人を見て「東京の人は度胸があるなぁ」と思った次第です。



最初はカップ麺ばかり食べていた

私は用心深いから、カップラーメンに熱湯を注いで充分加熱してから食べていました。本当は自分で料理をしたいのですが、ホテルの部屋にはキッチンがありません。レンジもありません。

でもやっぱりカップラーメンだけでは飽きてしまいます。私も東京の人たちを見ているうちにずいぶん気が緩んできてしまったようです。

今は気が緩んで何でも食べている

スーパーの寿司や惣菜を買ってきて食べるようになりました。テイクアウトも買ってきて食べました。

パタヤにいる時は揚げたてのフライドチキンでさえレンジで再加熱して食べていたのに。

【関連性の高い記事】



このままだと日本中の人がコロナに感染するのでは

どうも客観的に見ると、日本政府はコロナを放置する気らしいです。一応アリバイ工作として何らかの対策はとってますが、どれも徹底していません。

確かに新型コロナに感染したからと言ってみんなが死ぬわけではありません。死ぬのは一部の人だけです。死ぬ人は死ねばいいと思っているのでしょう。そういう考え方も確かにあります。「集団免疫」という考え方です。

それならばアリバイ対策はやめてくれ

でもそうならそうと形だけの帰国隔離なんかやめちゃって私をさっさと札幌に帰してください。札幌に帰れば台所があるので食材をよく加熱して食べることができるのです。

日本政府のアリバイ工作に付き合わされて東京隔離に20万円以上使わされるのですよ。

まぁ愚痴ってもしょうがないですね。



15日間の東京隔離が終わったら今度は札幌で自主隔離か

この分だと東京隔離期間が終わって札幌に帰っても、しばらくは人に合わないほうが良さそうです。東京でコロナをもらって帰る確率が高いですから。

いったい何のための東京隔離なのかと思っちゃいます。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*