バックパッカーの海外旅行おすすめ持ち物リストとグッズ

かぶとたいぞうです。

私はバックパッカーなので、海外旅行の荷物選びにも慣れています。今日はリュック1つに納まる私のいつもの持ち物を披露し、特にお勧めのグッズを紹介します。



バックパッカー暦40年、取捨選択のすえに残った持ち物

最初は不必要なものをいろいろ持って行きました。使わないし重いので途中で捨てたものもあります。

その反動で、一時は本当に何も持たずに旅に出て、やっぱり再考して持つようになった物もあります。

いまの私が2ヶ月以内の旅行に持っていく物のリストは次のとおりです。



  • 貴重品袋の中に
    • パスポート
    • 小袋の中に外貨
    • PADIライセンス(スキューバーダイビング)
    • マスターカードクレジット
    • カシコンバンク銀行カード
    • (以下、国内では小袋に入れて出しておく)
    • SUIKA(交通系カード)
    • 楽天クレジットカード(VISA)
    • 住信SBIデビットキャッシュカード
    • 日本円札
    • 小銭(SUIKAがあるから要らない、持つなら空港で小銭+スイカで使い切る)
    • 家の鍵
    • 糸ようじ
  • 書類入れに
    • Eチケット控え(最近はスマホ画面で代用)
    • ホテルバウチャー(最近はスマホ画面で代用)
  • ジップロック大の中に
    • Tシャツ2枚
    • 下着パンツ1枚
    • 水着1枚
  • 網袋の中に
    • 短パン1枚
    • 香取線香(適量)
    • ティッシュ(適量)
    • 予備のジップロック袋2~3枚
    • 腰ポーチ(現地で使う)
    • プラスティックの皿とプラスチックのナイフ、フォーク
  • 薬袋の中に
    • 抗生剤
    • ビオフェルミン
    • 絆創膏
    • 睡眠薬
    • 痛み止め
    • 綿棒
  • ジップロック中に
    • 歯ブラシ
    • 体洗いガーゼ手ぬぐい
    • 石鹸
  • 液体用袋の中に
    • 日焼け止め
    • オーディコロン小瓶
    • イソジン
    • 歯磨き
    • 蚊避けスプレー
    • アロエジェル(日焼け後)
    •  レモン汁
  • 道具入れ袋の中に
    • ポケットキーボード (おすすめ画像あり)
    • 急速2口スマホ充電器(おすすめ画像あり)
    • 急速用充電コード(長1短1)
    • スマホ充電用バッテリー(おすすめ画像あり)
    • イヤホン(スマホで音楽を聴くため)
    • 裁縫道具(意外と使う)
    • せんぬき
    • 爪切り(1週間以上の旅には必要)
    • トゲぬき
    • 塩、コショウ(少量ずつ)
    • お茶(茶コシは要らない、ペットボトルの水に直接入れて冷やして飲む)
    • 糸ようじ予備
    • (欧州では+コンセントアダプター)
  • 手持ち
    • スマートフォン
    • ジャンパー(綿空気ジャンバー圧縮可能)
    • 帽子
  • リュックのポケットに
    • 4色ボールペン
    • ミンティア
    • サングラス
    • ティッシュペーパー(大量)
    • ストール(おすすめ画像あり)
  • 1ヶ月以上滞在時+
    • 小型ノートパソコン+コード+WIFI受信機+ブルートゥース受信機
  • その他準備(オフライン用)
    • GooglMapで現地を見て地図をダウンロードしておく
    • 飛行機会社やBooking.comなどの確認書をスクリーンショットで保存
    • 参考になるサイトや時刻表などをスクリーンショットで保存

以前は持ったけど今は持たなくなったもの

  • カメラ、ビデオカメラ(重い、スマホで代用できる)
  • 老眼鏡(めんどうなので結局使わない、必要ならスマホで写真を写して拡大)
  • 本関係(読むならキンドル本、情報は必要なページのみデータ化してスマホに)
  • タオル、パスタオル(ホテルにある)
  • Tシャツ、短パン以外の服(毎日洗えばTシャツ2枚でOK、必要なら買う)


逆に意外に重宝するもの

  • 糸ようじ
  • 蚊取り線香(ベランダ、野外、どこでも使える)
  • プラスティックの皿とナイフ・フォーク(テイクアウトして食べる時に便利)
  • レモン汁(テイクアウトした料理にちょっとかけると美味しい)
  • せんぬき(せんぬきの無いホテルは意外と多い)
  • トゲぬき(アジアではトゲが刺さることがある)

ちなみに石鹸は現地でも買えるのですが、私はハゲ防止のために無添加石鹸で毎日頭を洗っているので、持って行きます。

【関連性の高い記事】

これは便利!海外旅行おすすめグッズ3点



1.ポケットキーボード (Bluetooth/ブルートゥース)

2つ折にたたんだ状態(上は普通のディスクトップPC用キーボード)

ポケット・キーボード閉めた状態

開いた状態

ポケット・キーボード(開いた状態)

スマホで長文を打つときに使います。この商品はスマホ用のスタンドも付録で付いているので重宝します。接続はBluetoothです。

キーのピッチはディスクトップ用の普通のキーボードとそれほど変わりません。キーボードの横幅も、普通のキーボードのテンキー部分を除いた横幅とほぼ同じです。

ノートパソコンにもつながります。ノートパソコンはキーボードが付いているので必要なさそうですが、キーボード真ん中のカーソルパットが災いして、時々変な動きをするので、私はノートパソコンにもこのポケットキーボードを使っています。

おどろくほど軽く、接続も簡単なので、海外でメールやブログなど長文を打つ人にはお勧めです。

2.急速(高速)2口スマホ充電器+急速対応USBコード

急速2口スマホ充電器

いまや海外旅行にスマホは欠かせません。必要なときにすばやく充電するには、急速(高速)スマホ充電器とコードが必要です。

充電器が急速でもコードが急速対応でないと急速にはなりません。アマゾンの「よく一緒に買われているもの」に表示されている急速対応のコードを選んでください。

ホテルによっては、コンセントとテーブルなどの間が遠い場合があるので、コードは長いほうが便利です。



3.スマホ充電用バッテリー

飛行機に乗っている時間や空港で待っている時間、移動中など、コンセントの無い場所では充電ができません。

特にヨーロッパ便や北米便に乗ると、機内ですることがなくなり、音楽を聴いたりゲームをしたりして時間をつぶすこともあると思います。

最近の飛行機にはUSB充電ソケットが付いているものが多いですが、付いていない場合もあります。万が一のバッテリー切れを防ぐためにも、充電用バッテリーは持っていたほうがいいです。

私はAnkerの充電用バッテリーを2種類持っています。1つは上のリンクのもので、13000Ah、スマホを4回くらい満充電可能です。もうひとつは同じAnkerでもこの半分くらいのもので、2回くらいしか満充電できませんが、そのぶん細くて軽いです。

移動時間の長さなどにより持っていくバッテリーを使い分けています。

4.モダール シルクのストール

歳をとったせいか、最近寒いときがあります。飛行機の中、バスの中、車の中。特にLCCであるエアアジアはストールを借りるのも有料なので、持参したほうがいいです。

軽くて暖かいストール

いろいろ探した結果、これが一番軽くて、たためば小さくなり、意外と暖かいです。

素材はモダール シルクで色は21色の中から選べます。私が買ったのは「ライトグレー」ですが、少し青みがかっています。値段も安く、コスパ最高です。

 

いかがでしたでしょうか。これから旅行へ行く方のご参考になれば幸いです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*