消費税が増税されたら我々はどうすればいいのか

かぶとたいぞうです。

10月に消費税が10%に増税される予定です。景気がいいなら増税にもたえうると思いますが、不景気の時に増税すればどうなるか分かっているはずです。

【関連性の高い記事】



今年10月の消費税の増税は中止するべき

10月の増税はやめるべきです。今からでも遅くないので、安部政権は今回の増税を見送るべきです。

できれば、むしろ減税するべきです。もっと言えば消費税を廃止したほうが景気は良くなります。



それなのに政府は「景気が良い」と言いって消費税を上げようとしています。景気判断のいくつかの指標を繕ってまで無理やり「景気がいい」としています。今度はエンゲル係数まで操作したようです。

消費税が10%に増税されたらどうするか

このまま「景気が良い」ことにされて、10月には消費税が本当に上がるかもしれません。消費税が上がったら我々はどうすればいいのか。

消費を控えるしかありません。必要最低限のものしか買わないことです。娯楽サービスを控えることです。遊びに行かないことです。外食も避け外に飲みに出ないことです。死なない程度の消費に抑えて、一切の無駄使いをしないことです。

小売業者やサービス業や飲食店には申し訳ないですが、それしかありません。生活を防衛しなければ私たちが干上がってしまいます。

「消費を控えたら負のスパイラルに陥って、景気がもっと悪くなり、結局は自分の給料も下がる。だから国民はどんどん金を使うべきだ」みたいなことを言う人がいます。踊らされてはなりません。そういう人は自分以外の「国民」に金を使わせて自分は使わないつもりです。浮かれていては自分だけが損をします。

消費税が上がっても消費するということは、消費税の増税に賛成する、増税を受け入れる、という意思表示です。受け入れるなら消費すればいいと思います。私は受け入れたくないので消費を控えます。

消費を控えるための方策、アイディアを列挙します。



消費を控えるための方策、アイディア

  • 外食は思いっきり減らす。月に1回以内とする
  • 冠婚葬祭の出席は極力辞退する
  • 飲みに出ない、どうしても飲みたいなら宅飲みにする
  • 床屋、美容院、温泉、マッサージ、などの利用を我慢する
  • 観光旅行に行かない
  • 農家と仲良くして野菜はなるべくもらう
  • つりの好きな人から魚をもらう
  • 山菜採り、潮干狩り、きのこ採り、銀杏拾いをする
  • 惣菜を買わず、全て自分で調理する
  • 食べる量を減らす(ダイエットにもいい)
  • 安い豆腐や玉子などを主に食べる
  • 広告の品、目玉商品、期限切れ直前商品しか買わない
  • ホテルに泊まらず友人宅に泊めてもらう
  • タクシーは絶対に使わない
  • 電車にもなるべく乗らず歩く(ダイエットにもいい)
  • 1年間新しい服は一切買わず古いものを着る
  • 化粧品も思いっきり減らす
  • 習い事をやめる

不要不急の消費を全て排除します。命に関わらないサービスは控えます。

気持ちだけはマイナスにならないようにします。ダイエットだと思ってがんばります。宅飲みを楽しめるよう工夫すればいいのです。

つりや農家の手伝い、山菜取りなどは娯楽、収穫、運動、と一石三鳥です。

消費しない=消費税増税反対の意思表示

つらくなったら「自分は今、政府の方針に反対するための運動をしているのだ」と思ってがんばりましょう。

趣味や生きがいなど、どうしても外せないものだけ残し、あるいは一点豪華主義で1つに集中し、それ以外のものは全て思い切ってバッサリ切り捨てることです。そうしなければ消費は減りません。

そのように生活態度を思いっきり変えて、政府に無言の圧力をかけましょう。

そうすると1年後には繕いきれないほどの負の数値が「統計」として表れるでしょう。政府が軌道修正せざるをえない程のマイナス統計が必要です。小売業、サービス業の平均売り上げ減少率が、前年比マイナス50%とか。

自分たちの身は自分たちで守りましょう。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*