パタヤとチェンマイの徹底比較:物価、気候、言葉、社会、人情

かぶとたいぞうです。

チェンマイで1ヶ月以上生活した後、パタヤに移動して3日目。同じ時期なので比較するに適しています。印象が新鮮なうちに、チェンマイとパタヤの違いを列挙していきます。





パタヤとチェンマイの一番大きな違い:パタヤビーチ

一番大きな違いは、パタヤには海があるということです。

パタヤの海

南国の海にはヤシの木があります。もうこれだけで雰囲気があります。

パタヤビーチとヤシの木

残念ながらチェンマイには海もヤシの木もありません。

パタヤとチェンマイの気候の違い

チェンマイよりパタヤの方が気温が高いのですが、この時期はチェンマイのほうが蒸し暑いです。

パタヤには海があるので海風が吹きます。風が吹きぬけます。だから快晴の日でも風が涼しいです。

いっぽう、チェンマイは盆地のような地形なので無風の日が多く、パタヤほど気温が高くなくてもジトーっと暑い日が多いです。

部屋に入ると風が無いのでパタヤだとエアコンが必須です。夜もエアコンを弱く入れておかないと暑いです。

チェンマイも蒸し暑いのでエアコンを入れますが、夜半過ぎ~朝方になるととても涼しいのでエアコンは要りません。



パタヤとチェンマイの物価の違い

場所にもよりますが、けっきょく物価はそれ程変わりません。最初はチェンマイのほうが安いと思っていましたが、パタヤにも安い店はけっこうあります。

パタヤビーチからセカンドロード付近はなんでもめちゃ高いですが、ソイ・ブッカオ、サウス・パタヤ・ロード、サード・ロードくらいまでくると、けっこう安い店や安い屋台、食堂があります。

チェンマイもターペー門から東の歓楽街はなんでもめちゃ高いです。パタヤビーチとそれほど変わりません。住宅地であるホイ・ゲーオ通り付近までくると比較的安いですが、パタヤよりほんの少し安い程度です。

パタヤのサウス・パタヤ・ロード奥にあるスーパーTOPsとチェンマイのホイ・ゲーオ通りに面したショッピングセンター内のスーパーTOPsの値段を比較しましたが、ほとんど変わりませんでした。物によっては若干チェンマイのほうが安い感じです。

生鮮品が安いスーパーMakro Food Serviceもチェンマイにもパタヤにもあります。値段も変わりません。

流通・物流は全国区なので、広く流通している物の値段は都市も地方も平準化されるのです。

パタヤとチェンマイの家賃の違い

家賃は圧倒的にチェンマイのほうが安いです。ホテルの宿泊料金もチェンマイのほうが安いです。

ホテルで言えば、チェンマイなら750Bくらい払えば、けっこういいところに泊まれます。パタヤなら倍の1500Bくらい払わないといいところには泊まれません。

アパートメントでいうと、チェンマイでは1ヶ月5000Bくらいでまぁまぁのアパートメントに住むことができますが、パタヤでは8000Bくらいはします。

もちろん、チェンマイにもパタヤにももっと安いアパートメントはありますが、日本人が住むには困難な物件です。エアコンが無いとか、タイ人の長期契約で常に埋まっているとかです。

今回チェンマイで気に入ったアパートメントが見つかり、来年の1月の予約を入れましたが、1ベッドルーム(日本で言うと1LDK)で1ヶ月賃料9000Bでした。

今日、パタヤのサウス・パタヤ・ロードの奥で見つけたアパートメントは、けっこう広い1ルーム、キッチンつきで、1ヶ月賃料が10000Bでした。来年の3月に予約を入れようと思っています。

同じ金額を払うならパタヤよりチェンマイのほうがいいアパートメントで暮らせますが、住環境を多少我慢すれば、パタヤでもそこそこの金額でそこそこのアパートメントを探すことができます。



パタヤとチェンマイの生活環境

パタヤは観光地であり歓楽街なので、夜はうるさいし、誘惑が多く、つい散在してしまう可能性があります。女性のいるバーでちょっといい気になって酒を飲み、女性に酒をおごると、1晩で1000Bくらい使うのは簡単です。

チェンマイにも歓楽街はありますが一部地域のみで、居住区には女性のいるようなバーはほとんどありません。せいぜい食堂のビール大瓶に65B~70B払う程度です。

パタヤにいると、よほど意識してセーブしなければ、お金をどんどん使ってしまいます。ところが、チェンマイにはお金を使うような場所はほとんどありません。

生活するならパタヤよりチェンマイのほうが無難です。

コミュニティー:パタヤでは欧米人、チェンマイでは日本人

パタヤにはあまり日本人がいません。だから私の生活圏であるソイ・ブッカオ付近でできる友達は欧米人がほとんどです。英語を話せる私には好都合です。

いっぽう、チェンマイのホイ・ゲーオ通り付近には初老の日本人男性がたくさん住んでいて、独特の日本人コミュニティーを形成しています。

私は最初、積極的には関わらなかったのですが、たまたま日本人が経営している居酒屋へ行くようになり、何人かの日本人と仲良くなりました。

普通の人なら海外で暮らすのはさみしいものだと思いますから、チェンマイのほうが日本人と仲間になれて心強いかもしれません。



パタヤとチェンマイのタイ人の気質・人情

パタヤのタイ人は完全にスレています。誰もが英語を流暢に話し、欧米人にへつらい、金に強い関心を持っています。みんな金のために地方から出てきたのですから当然です。

チェンマイのタイ人は誠実で実直です。へつらいません。英語を話す人もいますが、ローカルエリアではタイ語しか通じません。嘘をつかず正直で信用できます。バンコクやパタヤに金を稼ぎに出なかった人たちです。

チェンマイでタイ語を学び、カタコトのタイ語を使うと喜ばれました。私の下手なタイ語を理解しようとしてくれました。

せっかく覚えたタイ語をパタヤで使ったら鼻で笑われました。そして流暢な英語で言い返されました。

生活するならチェンマイの方が気分がいいかもしれません。

パタヤとチェンマイの違いまとめ

パタヤ チェンマイ
一番 海がある
気候 晴れて涼しい 蒸し暑い
物価 変わらない
家賃 高い 安い
生活環境 散在の危険 金を使わない
コミュニティ 欧米人仲間 日本人仲間
タイ人の気質 スレている 実直

チェンマイの安い食堂で過ごした日々が懐かしく、来年の1月にまた行くのが楽しみです。

いっぽう、パタヤの青い空と青い海、雑踏の騒がしさも捨てられません。

私は当面の間、札幌、チェンマイ、パタヤを定期的に移動して生活してみます。

タイへの移住を考えている人の参考になれば幸いです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*