パタヤビーチは海の家が全撤去、それでもファランは泳ぐ

かぶとたいぞうです。

今日はパタヤビーチを散歩してきました。



タイの24時間外出禁止令は単なる噂

タイは近日中に24時間(1日中)外出禁止になるという噂がまことしやかに流れていました。しかし、それは単なる噂であって、そんなことは検討さえしていないとタイ政府は否定しています。

しかし、このまま新型コロナの感染が増えれば、外出禁止時間をもっと長くするかもしれないともコメントしています。

つまり現在の22時から朝の4時までの外出禁止時間を、たとえば20時からにすると言うことです。

昼だけでも自由にパタヤビーチを散歩したい

夜は何時から外出禁止になっても構いませんが、昼だけでも自由に散歩がしたいです。

24時間外出禁止にはならないと思いますが、万が一に備えて今のうちに充分散歩しておこうと思いました。



パタヤビーチのビーチチェアやパラソルが撤去された

久しぶりにパタヤビーチに出て気づいたのですが、いわゆる海の家が完全に撤去されていました。ビーチチェア、テーブル、パラソルなどがひとつも設置されていません。

海の家が撤去されたパタヤビーチ:kabutotai.net

毎週水曜日はパタヤビーチの開放日だが

一瞬、今日は水曜日かと思いましたが、今日は火曜日です。水曜日だけ、海の家が撤去されるのです。

【関連性の高い記事】

いつもパタヤビーチに座っているおじさんに聞いたら、新型コロナ対策でおそらく向こう数カ月はクローズだと言います。

散歩は大丈夫ですが、とうとう海の家も撤去されたのです。



海の家が撤去されても優雅に泳ぐファランたち

そんな中、ファラン(ヨーロッパ人)は相変わらず元気に泳いでます。

ビーチにタオルをひいてこんがり焼いてます。ファラン恐るべし。

現在のソイ6のようす

センタンを過ぎてソイ6にたどり着きました。このへんはまだ下水工事が遅々として進んでおりません。

海の家が撤去されたパタヤビーチ:kabutotai.net

以前は昼間から賑やかだったソイ6のバービア群は今では見る影もありません。



誰もいなくてのどかなノースパタヤビーチ

ソイ1あたりまで来ました。ベンチのあるところはちょうどいい休憩場所です。

海の家が撤去されたパタヤビーチ:kabutotai.net

以前と違って空いているのでどこにでも腰掛けて休むことができます。私には返って好都合です。

17時を過ぎると一斉にビールを片手に散歩

帰り道はちょうど17時を回って酒類販売可能時間となりました。夕陽の中をファランや地元のタイ人たちがビールを片手に夕陽を見ています。歩きながら、あるいは歩道の縁石に腰掛けて。なんとものどかな光景です。

18時までの1時間だけ、セブンイレブンなどでビールが買えるのです。この僅かなひとときを狙って多くのファランがビーチに集まってきているようです。みんな片手にビールを持っています。



パタヤビーチで飲む夕方の1本のビールが唯一の楽しみ

飲み屋でもレストランでも酒が飲めなくなった今、パタヤの飲ん兵衛にとってパタヤビーチで夕方だけ飲める1本のビールが唯一の楽しみなのです。

この光景がいつまでも見られますように。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*