乾季まっさかり、2月のチェンマイはのどか、洗濯物が1時間で乾く

かぶとたいぞうです。

チェンマイ。2月。乾季まっさかりです。何も無くて、のどかな毎日です。



2月のチェンマイは真夏の札幌と似てさわやか

朝はさわやかな空気が吹き込み、すこし寒いくらいです。昼ごろになると毎日が雲ひとつ無い晴天。カンカン照りです。強い日差しが照りつけますが、湿度が低いのでさらっとしています。

毎日が、北海道の良く晴れた7月下旬の天気と同じです。

冬のチェンマイは湿度が低く、からっとしている

今日、昼食の前に洗ったTシャツは、食事を終えて戻ってきたときには既に乾いていました。1時間足らずの間にです。干したTシャツ遠景

干したTシャツ拡大

 





バンコク、パタヤは大気汚染、チェンマイはきれいな空気

バンコクやパタヤはいま大気汚染がひどいと報道されていますが、ここチェンマイの空気は澄んでいます。

チェンマイの澄んだ空気

2月はいっせいに花が咲く季節でもあります。公園には所狭しと花が咲き乱れていました。

チェンマイの花畑

 

チェンマイは平和そのもの

このまま何年でもここに住んでいたい気分です。チェンマイは平和そのものです。

でも、所要があって明後日には札幌に一時帰国します。

用事が済んだ後、3月末には、今度はパタヤに行き、パタヤで1ヵ月半暮らします。もう飛行機の手配もアパートの契約も済んでいます。

6月くらいまでに、チェンマイとパタヤのどちらでリタイアメントビザを取るかを決めます。そして、10月からはそのどちらかで半年暮らしてみる予定です。

どちらで半年暮らすかは、これからパタヤでじっくり考えますが、なんとなく、チェンマイになりそうです。

チェンマイは夏は暑く、冬は少し寒いですが、洗濯物が1時間で乾きます。空気が澄んでいます。のどかで、いなかっぽくて、物価も安いです。

チェンマイは平和そのもので、何も無いところなので、何ごとも起きないような気がします。ブログを書いて、なにか思考にふけったり、小説などを書くには最適です。



チェンマイ、パタヤ、札幌で交互に暮らす?

今年の秋から来年の春まで何も無いチェンマイで半年暮らしてみて、その後夏は札幌で暮らし、来年の秋から再来年の春まで今度はパタヤの雑踏の中に半年暮らしてみるのもいいかなと思っています。

完全なる比較で、私がどちらの街に向いているかを試してみようと思うのです。

1ヶ月や2ヶ月住んだぐらいでは分からず、半年くらい住んでみて初めて見えてくるものがあるのではないかと思います。

当面は、札幌、チェンマイ、パタヤの3箇所を移動することになりそうです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*