パタヤでは昨日6/15からやっと飲食店での飲酒と夜間外出が解禁になった

かぶとたいぞうです。

パタヤでは昨日6/15(月)から飲食店での酒類提供が解禁になりました。合わせて夜間外出禁止令も完全に解除され、夜中の外出はどの時間でもOKになりました。



人があまり出ていないパタヤビーチ

昨日はいつも通りパタヤビーチを散歩して、その後ソイブッカオを経由して、そのままサウスパタヤの行きつけの食堂で飲みました。

まずパタヤビーチですが、月曜ということもあって人はあまり出ていませんでした。

ビーチでの飲酒は引き続き禁止

今日から飲食店での酒類提供が解禁されたのだから、ビーチの海の家(有料チェア)でもビールくらいは売っているのだろうと勝手に思っていました。

しかし店の人に聞いてみたら、売ってないと言われました。ビーチでの酒類販売は引き続き禁止らしいのです。ココナッツとかジュースならあると言われました。

海の家でビールを出せないのは痛いですね。ビールの飲めないビーチチェアを利用する人がいったいどれだけいるでしょうか。



ソイブッカオはあいかわらずにぎやか

気を取り直して一路ソイブッカオへ。最近はビーチロードやセカンドロードより、ソイブッカオのほうが人が出ています。

前回歩きながらの動画撮影でソイブッカオをレポートしたら、yutubeのコメントに嬉しいコメントが寄せられました。

その人の定宿がソイブッカオにあり、とても懐かしいのでまたソイブッカオを撮ってアップしてほしいという趣旨のコメントでした。

その人のリクエストにお答えして、飲食店での酒類販売が解禁となった初日のソイブッカオをレポートします。

2020年6/15(月)夕方のソイブッカオ

通りを歩いている人はマスクをしているので撮りやすいのですが、飲食店でビールを飲んでいる人はマスクをしていないので撮れません。

動画にはちらっとしか映っていませんが、実際には通りに面したレストランだかバービアだか分からないような店で飲んでいるファラン(欧米人)はもっといました。



ソイブッカオのLKメトロあたりとその南側は静か

同じソイブッカオでもLKメトロ付近は対象的に静かです。静かというより人がほとんどいません。

ゴーゴーバーやバービアが営業禁止なので、それらの多いエリアはやっぱり寂しいです。

ソイブッカオのマーケット(火曜金曜市)に続く南側エリアもパッとしません。

ビーチロードとセカンドロード付近のバービア群はさみしい限り

ビーチロード〜セカンドロードのバービア群のあるソイもまったく寂れています。

セカンドロードからLKメトロにむかうソイなんか、歩いていると泣きたくなるほど以前の面影がなく寂しい限りです。



観光スポットほど寂れている

いま賑やかなのはソイブッカオのtree town くらいです。あるいは人が住んでいるローカルエリアのほうがまだにぎやかです。ウォーキングストリートとか、ビーチ付近の観光者が集まるエリアほど寂れています。

コロナで観光客が来ないので当たり前といえば当たり前ですが。

行きつけの食堂で大いに飲んだ

散歩の締めくくりに、サウスパタヤの行きつけの食堂で大いに飲みました。

大いに飲む:kabutotai.net

今日から大手をふって酒が飲めるということで、解禁初日の昨夜は常連客で賑わいました。

私の友人である以前からの常連に加え、近所に住んでいるファランと同居のタイ人女性など、時間が遅くなるほど客が増えました。

気づくと午前1時。

前日までは夜の11時を過ぎて外を歩いていたら逮捕されるので、遅くても10時半には店を出て帰宅しました。それが深夜の1時なのにまだ店で飲んでいるのです。



自由は素晴らしい

以前は当たり前だったことがとても懐かしくて嬉しいのです。

私は飲み過ぎて、結局1時半ごろ店主に送ってもらって帰宅しましたが、まだ飲んでいる人がたくさんいました。

おそらく深夜外出禁止令の解除を祝って朝まで飲んだのではないでしょうか。

私はあまり遅くまで外で飲むことはありませんが、いつでも外で酒が飲めて時間にも制限がないのは自由でいいですね。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*