【心の健康管理】人の心は天気や環境、体調に応じてコロコロ変わる

かぶとたいぞうです。

人間の心は案外弱いもので、ちょっとしたことで崩れてきます。

最近は暖かかったり寒かったりで、体調がすぐれなく、そうなると心までイライラしてしまいます。

特に昨日、一昨日の札幌は夜になるととても寒く、冬に逆戻りしたような感じでした。夜半すぎに寒くて目が覚めましたがそのまま寝て、どうも風邪をひいてしまったようです。



暖かかったり寒かったりで体調を崩すと心まで萎える

せっかく暖かくなってきて庭仕事の準備を進めていたのに、また春が遠くなってがっかりです。体調も悪いのに心までしおれてしまいます。今日は朝からなんとなくイライラしていました。

ところがどうでしょう。

午後になりカラッと晴れてきたではありませんか。太陽が出ると急に暖かくなり、心まで明るくなります。

天気で気分が変わる:kabutotai.net

天気が良くなれば心まで晴れる

少し寒いけど庭に出てみました。そして前からやりたかったテラスの修理を少しやってみました。作業をしていると西陽があたってだんだん暖かくなり、気分もすっかり良くなりました。心なしか体調も良くなったようです。

人間の心はちょっとしたことでコロコロ変わるものです。

天気、天候、運動や行動、体調、人と会う、など外的環境の影響を大きく受けるのです。



気分よく過ごすには外的環境を調整する

常に気分良く過ごすためには、それら外的環境をなるべく良い方向へ調整する努力が必要です。

天気天候だけはどうすることもできません。だから私はタイや沖縄などなるべく暖かい所へ行くようにしているのです。

でも天気天候以外のことであれば自分である程度は工夫することができます。

気分を変えるための工夫

散歩、健康管理、入浴、美味しいものを食べる、酒を飲む、会って気分のいい人とだけ会う、読書などです。

シャワーを浴びるだけでも気分が変わることがあります。良い本を読むことにより気づきが生まれて気分ががらっと前向きになることもあります。

しっかり寝て十分な睡眠をとることが一番効き目がある場合もあります。



歳をとると心の健康管理も大切

歳をとると体の健康管理が大切ですが、それと同じかそれ以上に心の健康管理も大切です。

いつも不機嫌で怒ってばかりいる年寄りにはなりたくないものです。

なるべく気分よく過ごせるよう、自分で常に工夫する習慣を身につけたいものです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*