今の米国株は買い場(買いの好機)だと思う

かぶとたいぞうです。

今の米国株相場は買い場(買うチャンス)だと思っています。

買い場とは:kabutotai.net

本当は去年の3月頃が絶好の買い場でした。私もそう思ってあの時は果敢に買いまくりました。

【関連性の高い記事】



絶好の買い場、コロナショックはあっという間に終わった

しかし何回かに分けて買おうと思っているうちに暴落はあっという間に終わりました。だから私は十分には買えきれず資金が手元に残りました。

世間は「二番底が来る」と言っていましたが結局は来ませんでした。

コロナあふれる中、米国株は上がり続けた

その間、世界中にコロナがあふれていったのに米国株は上がり続けました。

そして今、新型コロナウイルスのワクチンが完成して先進国中心にワクチンが普及し始めています。新規感染者数も全世界的に減ってきています。米国では今年の5月までには全国民のワクチンを用意できる見通しだそうです。ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンが追加投入されたからです。



ワクチンが普及し米国株は上がり続ける

コロナで先行きが分からなかった時期にすら米国株は上がり続けたのです。ワクチンが普及し始めた今、米国株はこのまま上がり続ける可能性が高いと見るのが自然ではないでしょうか。

米国株がここまで上がってきたのは米国政府当局による金融緩和や財政出動によるところが大きいことも分かっています。

しかし、FRBは今もなお米国の景気回復は道半ばと判断し、金融政策をこのまま変えないと言っています。

米国株暴落?

そんな中、どういうわけか暴落説を唱える人が出てきて、そのおかげで最近は株価の微調整が頻繁に起こるようになりました。

確かに私の持っているペプシコやゼネラル・ミルズなんかは「コロナに強い」などともてはやされ、必要以上に上がりましたから微調整は結構なことです。



ペプシコ、GIS、PG、CLを押し目買いで買い足した

ペプシコは140ドルを超えて手が出せませんでしたが、ようやく130ドルくらいまで下がってきたので最近は何度かに分けて買い足しています。

同じように、ゼネラル・ミルズ、プロクター・アンド・ギャンブル、コルゲートも押し目で買い足しました。

株価は予想できないが買い場だとは思う

米国株の今後の値動きは予想できません。しかし今は微調整で株価が上がったり下がったりしています。だから押し目買いで少しずつ買い足す好機だと私は思っています。

ペプシコなんか決算内容も良かったし、なんの問題もないのに下がっているのです。



暴落を待っている人がいるので買いやすい

暴落説を唱える人が増えてきているので、中には暴落を待って買い渋ったり、今のうちに売ってキャッシュを用意しようとする人もいそうです。だから株価は余計に下がるのです。

いくつかの優良銘柄にとっては今が買い場だと思っています。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*