タイは夏入り宣言、しかし北国の3月に春は来ない

かぶとたいぞうです。

一昨日、2021年2月27日、タイの気象局は夏入りを宣言しました。

タイでは毎年この時期になると夏入りを宣言します。昨年の夏入り宣言は2月29日でしたから、今年は去年より2日早い夏入りです。

【関連性の高い記事】



去年の今頃はパタヤで夏入り宣言を聞いた

そう、去年の今頃、私はパタヤにいたのです。上のブログを書いたのも3月1日でしたので、あれからちょうど1年経ったのですね。

去年の今頃はパタヤが急に暑くなってきて、毎日パタヤビーチに出かけました。太陽が眩しく、歩いているだけで日に焼けました。

その頃はまだ新型コロナがこんなに猛威をふるうとは思いもよらず、3月の末には日本に帰国する予定だったのです。

3月末には帰国できず、日本に戻れたのは結局7月でした。

【関連性の高い記事】

札幌の3月、春はまだ遠い

今私は札幌にいます。今日から3月ですが、札幌の風景は夏入り宣言をしたパタヤとは大違いです。まだまだ冬です。

「北国の3月に春は来ない」はNSP(ニュー・サディスティック・ピンク)の曲です。懐かしく思う人もいるかもしれません。

歌詞通り「北国の3月に春は来ない」です。



どこかで春が生まれてる?

歌といえば、子供の頃は3月になると「どこかで春が生まれてる」を歌いました。

今日は散歩で、いつもより遠くまで足をのばしてみました。3月に入ったので少しは何かが変わったかなと思ったのです。しかし、どこにも春は生まれていないようでした。

私の頭の中で芽生えた春

でも、私の頭の中には少しだけ春が生まれてます。計画があるのです。

まだまだ早いですが、3月下旬になったら畑の準備を始めようと思っているのです。

雪解け時期に自宅にいるのは久しぶりです。

せっかくこの時期にいるのだから、まずは室内で野菜の種を発芽させようと思います。外の畑に植え替えるのはゴールデンウイークかその後になると思いますが、それまでにいろいろな種類の苗を作っておこうと思うのです。



いろいろな野菜の苗を作る

トマト、キューリ、ナス、コリアンダー(パクチー)、バジル、カボチャ、大葉・・・

考えているうちに楽しくなってきました。

苗を育てる:kabutotai.net

札幌の雪が完全に無くなるのは4月の中旬以降です。雪が無くなったら畑をおこします。そして区画割をして苗の定植の準備をします。

時期になればホームセンターなどで苗が売られますが、自分で種から苗を作るのもまた楽しいものです。

まだまだ先ですが、楽しみでしかたありません。今年は野菜をうんと収穫したいです。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*