熱い風呂に入ったときは、「熱いのもまた良し」と思ってじっと動かない

かぶとたいぞうです。

昨日は久しぶりにお風呂を沸かして早い時間から入りました。お風呂はやっぱり気持ちがいいです。

「久しぶりにお風呂に入った」と聞くと「汚い奴だ」と思われるかもしれませんが、私はシャワー派なのです。若い頃からそうでした。だからタイに住んでいる時も毎日シャワーだけで問題ありません。



日本人はお風呂

でもやっぱり私も日本人なのですね。たまにはお風呂にゆっくり浸かりたくなります。

最近は一週間に1回か2回お風呂を沸かしています。冬のお風呂はまた格別です。

熱い風呂に浸かる:kabutotai.net

昨日は熱いお風呂だった

昨日のお風呂は少し熱めでした。水を足して埋めようかなとも思いましたが、「熱いのもまた良し」と思って埋めませんでした。

熱い風呂にドボンと入った瞬間はしばらく息もできません。体を動かさずじっとしているしかありません。熱いし苦しいのですが、だまって耐えるのです。



苦しみがやがて幸せに変わる

そしてそれが次第に快感に変わるころ、やっと息をついて、なんとも言えぬ幸せ感に浸るのです。

「おおー」と思わず声が出てしまいます。

これぞ「湯に浸かる思い」です。

少しでも体に悪いことをすべて排除する風潮

最近は、「熱い風呂は体に悪い」とか「急死の危険がある」とかうるさいことを言う人が増えてます。

やれ、なになには体に悪いとか、やれ、なになには寿命を縮めるとか。

ちょっとでも寿命を縮める可能性のあることをすべて排除して、そんなに長生きしたいのでしょうか。



時には苦に身を任せることも必要

人生楽あれば苦あり、苦あれば楽あり。

時には苦にも身を任せ、だまって耐える必要があります。苦しんだ後に幸せを感じるのです。

何もかもが常に最適なら、熱いも冷たいも、快も不快も、良しも悪しも、幸も不幸も、善も悪も、天国も地獄も、何も分からない人間になってしまいます。

昨日は熱い湯に浸かりながら、そんなことを考えていました。

窓の外は雪。雪の重みに耐えながらも緑を残す庭の松を見ながら、風呂上がりに冷たい日本酒をきゅーっと一杯。

感無量です。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*