【yutube講座】米国株長期投資講座3:「PERとPBR」

かぶとたいぞうです。

今日はyutube講座第3回目の講義動画をyutubeにアップしました。

今日の内容は「PERとPBR」です。いずれも割安株かどうかを見分ける基本的指標であり、「バリュー投資」には欠かせない知識です。



PERとは

簡単に言うと、PERとは株価がその会社の1年間の稼ぎの何倍か、言葉を変えると、何年分の稼ぎに相当するかを表します。

だからPERの数値が低ければ低いほど割安なのです。

PBRとは

PBRは簡単に言うと株価の簿価と時価の倍率です。言葉を変えると、株価(時価)が会社の純資産の何倍まで上がっているかを示します。

PBRの数値が高ければ値上がりが大きいことを意味するので、PBRもPER同様、数値が低ければ低いほど割安なのです。

本講座ではこれらの事柄を例を交えて分かりやすく解説します。



理解と合点は違う

これらの指標の意味は、理解しているつもりでも「合点」がいかないと腑に落ちないものです。

つまり頭で知識として覚えていても、「あ、そうか、そういうことだったのか」という感動が伴わないと、なかなか身に付かず、イザという時に忘れてしまっていて使えないのです。

本講座では分かりやすく独自の表現で解説

本講座では分かりやすく、かつ、かぶとたいぞうの独特な表現でPERとPBRを説明いたします。どこかの参考書に載っているような説明とはだいぶ違うと思います。

今まで何となく分かっていたような人でも、「あっ、そうか、そうだったのか」と心から合点が行く可能性がございます。ぜひご覧ください。約20分の講義です。

スマホでご覧になる方は、スマホ画面を横向きにして見ていただくと文字が大きくて見やすくなります。



yutube講座3:「PERとPBR」

yutubeのチャンネル登録もよろしく

この調子で毎週日曜日にyutube講座をアップしていきますので、気に入っていただきましたら、ぜひyutubeのチャンネル登録をお願いいたします。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*