奈良市に善意の匿名寄付、白いポリ袋に3000万円

かぶとたいぞうです。

世の中には奇特な(素晴らしい)人がいるもんです。

奈良市は4日、窓口を訪れた匿名の男性から3000万円の寄付を受けたと発表しました。

奈良市、及び各紙報道によると、ことのあらましは次のとおりです。



名前も名乗らず3000万円を渡して去った老人

午後5時頃、奈良市総務課の窓口に60〜70歳代くらいの男性が訪れました。男性は「渡しましたよ」と言って持参した白いポリ袋を女性職員に手渡したそうです。職員が袋の中を見ているうちに男性は立ち去りました。

奈良の3000万円匿名寄付老人:kabutotai.net

職員が後を追いましたが、姿は見当たらなかったそうです。

1000万円の束が3つ、それぞれに使いみちも

白いポリ袋の中には、1000万円の束が3つ入っていました。

それぞれの札束には、寄付金の使い道として「貧困家庭の支援」「教育環境の改善」「医療体制の充実」の紙が貼られていました。



個人を特定するものはなかった

個人を特定するものはなかったそうです。

仲川げん奈良市長は「ご厚意を大切にして、活用させていただきます」とコメントしています。

報道内容は以上です。

+++

心温まるニュース

こういうニュースを見ると本当に心が温まります。

真の慈善とはこのようなものです。名前も素性も名乗りません。

今は悪い年寄りも多く、非難の対象とされるむきもありますが、良い年寄りもいるのですね。



私も見習いたい

私も見習わなければなりません。3000万円は無理ですが、何かできることを考えます。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



【かぶとたいぞう有料ノート】

この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*