【那覇さんぽ】燃えて復興中の首里城に行ってきた

かぶとたいぞうです。

今まで観光地らしい観光地に行ってなかったのですが、今日は火災で正殿が焼失し、復興を目指しているという首里城に行ってきました。

首里城に行くのは7、8年ぶりです。



前回は首里城の正殿を見た

前回行ったときは第二次世界大戦後の大型復興再建の終盤という時期でした。すでに正殿も完成し上にも登れました。まだ一部進入禁止の場所がありましたが、ほぼ全体が見れたと思います。

聞くとその後2019年に復興の全行程が終了し、ようやくすべてが完成した矢先に原因不明の火災で本殿が燃えたようです。

なんともいたわしい話です。

正殿が消失しただけで首里城はある

正殿が消失しただけで、他の場所は大丈夫だというので行ってみたのです。

首里城:kabutotai.net

城ですから、構造物はほとんど石です。なので燃えません。また、正殿から離れた建物も無傷でした。



焼け落ちた首里城正殿

本殿は無残にも焼け落ちており、崩れてきた瓦や飾りの鬼瓦、その他歴史的重要物も損傷したようです。

首里城:kabutotai.net

以前は正殿に入るには800円の入場券が必要でしたが、今は半額の400円で焼け落ちた残骸の一部を展示しています。私は復興に少しでも役立てばと思い、400円払って入場しました。

復興を支援するボランティアたち

正殿のあった場所では地元のボランティアの人たちが崩れ落ちた屋根瓦などを磨いていました。

以前はこの辺に綺麗な庭園を持つ古い家屋があり、その奥の座敷でお茶を飲めました。



残念ながら、庭園を見ながらお茶を飲む和室は焼けた

今回も焼けていなければお茶を飲みたいと思いましたが、火災ですべて消失してしまったようです。大変残念です。

正殿と付随の建物は燃えてしまいましたが、古い城壁と門、城のたたずまいは残っておりますので、那覇に訪れた人はぜひ行ってください。復興の足しになると思います。

明日は早起きして「ひめゆりの塔」に行ってみようと思います。

ごきげんよう。


【関連性の高い記事】



この記事があなたのお役に立った場合、下の「いいね!」をクリックして頂けると、たいへんはげみになります。

Pocket

【あわせて読みたい】


同じカテゴリーの最新記事5件


「カブとタイ」をいつもお読みいただき、まことにありがとうございます。
著者かぶとたいぞう拝。


記事のカテゴリー/タグ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*